エビ撒き釣り

エサ釣りの中で一番効率のいい釣り方「エビ撒き釣り」

エビ撒き釣りでメバル釣りは、海底で寝ているメバルを浮き上がらせる釣りです。

どんなエサでメバルを釣るにしても昼よりも夜の方がよく釣れる。昼間に釣りをするなら断然、「生きたエビ」がオススメ

サヨリ

好物のブツエビを少量ずつ撒くことで、メバル同士を競わせ活性化し浮いたメバルを浅いタナで釣ります。

「ブツエビ」をマキエに使った場合は、海底に潜る性質があるので自分で海藻にもぐりこみ食い気を誘ってくれます
はじめは海底付近で捕食していたメバルは、仲間に遅れをとらないようにだんだんうわずって、最終的には水面まで浮いてきます

浮き上がったメバルを釣るので、100匹を越えるような釣りになることもあります。

そんな「エビ撒き釣り」を体験したらやみつきになる。しかし、多くのメバル釣り師が大型メバルの微妙なアタリに合わせることが出来ずに 小型・中型釣りになっている。大型のメバルほど繊細なアタリをだすものだ

メバルのエビ撒き釣り方法

メバルのエビ撒き釣りはエサの撒き方を考える必要がある。仕掛けはシンプルなものでメバルのアタリがわかるのが一番。
メバルマニアがのべ竿にこだわっているのがここにある。

基本的にはウキを用いた釣りをするが・・・繊細なアタリを取るにはウキに頼ることができない

このメソッドで微妙なアタリを把握できるようになれば・・・こんなにアタリがあったのか?と目からウロコが落ちるであろう

詳しくはこちらから・・・

エビ撒き釣りのエサ

エビ撒き釣りに使うエサは「ブツエビ」と「シラサエビ」が主となる

それぞれに特徴があり、その特徴を知って撒くことをしないと釣果が大きくことなる。エサの使い方、エサの刺し方、エサを活かすための クーラや網やエアーポンプは必須となる

詳しくはこちらから・・・

大型メバルのアタリとあわせ

防波堤

大型メバルのアタリが繊細のは、釣った本人がよく知っている。活きエビを流したあと、丸まって帰ってくることがある

前アタリもなくウキも沈んでいないのに?なぜ

それは、大型メバルがホバリングしながらくわえたまま、違和感を感じたので吐き出した。結果、エビが死んだ!これが正解であろう
その前アタリを上手くキャッチすることが、上達への近道となる

詳しくはこちらから・・・



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに