日中のメバル釣り

タナとりが重要

メバルは「根を釣れ」とか「タナを釣れ」といわれます。

メバル

メバルは日中岩礁やテトラなどに隠れています。表層まででて捕食することがありません。そして、非常に臆病なのか 泳ぎが上手くないのか、荒れた日などは釣ることができません。

そんなメバルですが、防波堤や桟橋のような障害物が多い場所なら日中でも狙えます。重要なのは、こまめタナとりと群れを探すこと

餌を上手くタナまで届けてやるという努力を怠ると釣れない魚です。

メバル釣りのポイント

メバルを釣ることに必要な項目。細かいマニアックなことを伝えても混乱するだけなので・・・ポイントを絞ってみる

【大型メバルを釣るための3か条】

  1. 水深は最低でも2m以上
  2. 藻の中にマキエをまくな!
  3. だんだん浮かせて藻場から離す

メバルは藻に隠れていることが多い。藻穴をよく観察して探す、それからシャクで数杯ブツエビを撒く。潮の流れを見て足元に寄るように撒くことが重要

釣れはじめたら、撒くことの追加はやめよう。喰いが遠のいたら1杯づつ投入して食い気を保つようにする。メバルが競争して捕食するイメージを大切に

エサを撒く量を一番気をつけること。浅いタナまで浮かせることが出来れば・・・大型との勝負もやりやすい。撒くエサが重要である!

日中のメバル釣り仕掛け

メバル

竿は4mから5.3mが理想的。棒ウキを使った釣りは分かりやすい。また、軽めの仕掛けで釣ることが多いと思うが「エビ撒き」釣りの場合には棒ウキの使用を オススメする。それも3号から1.5号といったしっかりとした負荷のあるもの

ある程度深さのある場所であれば3号のウキを使い、浅め(3ヒロまで)の場合は1.5から2.0号のウキを使うと言った具合。

活きエビなので、仕掛けをはって回転を防ぐようにしたほうが良い。

ハリは、タナを幅広く取るということで2本ハリの仕掛けが言いと思う。メーカからもメバル専用の仕掛けを売っているので参考にしてもらいたい

ポイントに着いたら、ハリにタナ取りようのオモリをつけて底を確認する。そして、そこから30cmきるようなタナにあわせます。

時々竿を動かして 誘いをかけることが重要です

なんせ、タナ(釣れている)が重要のなので、釣れた人には照ることなく聞いてみよう。そうすれば日中もいい釣果になるであろう



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに