エビ撒き釣りのエサ

メバルにはブツエビが最適

活きエビを使う釣りでは「ブツエビ」を使ったり、「シラサエビ」を使ったりします。

サヨリ

メバルをエビ撒きでつるのであれば、「ブツエビ」が一番いいと言われているが、それにはきちんと理由がある。
メバルの習性が決まっているので、ブツエビはその習性に極めて刺激を与える動きを起す

一方「シラサエビ」はどこの釣具屋さんにもある。このシラサを使ったメバル釣りも行われる。

北近畿では、ブツエビを使う人も多いがシラサエビで入食いになることもあります。シラサエビを使ったメバル釣りにはコツが必要

ブツエビと同じように使っていては入食いにはありえないし、ランカーの活性も上がらないでしょうね

ブツエビ

ブツエビ

田エビとも言われる淡水産のエビだが生命力が強く、海水中でもしばらく生きている。暗いところを好み、撒いた場所の真下に潜っていくため底生のメバルを 引き出すためのマキエとして特効がある

底、藻付近に隠れて捕食するメバルには最高のエサとなる。少量を撒いてメバル同士が競うように撒くことがコツとなる。エサを底に集めると釣りにくくなるからである

1cmから3cmと小さくヌルヌルしているので針につけにくいという難点もある

シラサエビ

シラサエビ

エビ撒き釣りのエサといえばこちらが普通

淡水産のスジエビの一種で流通が安定しているのでブツエビよりも安価。大きくて針につけやすい。また、色が白いために目立ちやすい。

付けエサで使うことが多い。シラサエビは水平に泳ぐ性質があるため、自ら望んで底に行く気はないので撒き餌にすると数匹ずつ手で軽く握って気絶させるか底カゴ を使って底に効かせる

活きエサのコツ

活きのいいエビを使うことでアピール力があがるし、喰いも良い。では、活きたエビを効果的に釣り場に持っていくにはどうすればいいだろうか?

エアーポンプ釣りのクーラを利用することが必須である。エビが大量にはいっていると空気を送っているポンプが合っても水温が上昇し長持ちしない。 水温を上げないように氷をいれて持っていくこともある



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに