メバル竿

のべ竿でさぐり釣りが主流

リリアンから針まで、1本の通し糸。針の上15~30cmの間にガン玉等のおもりをつけるだけ。

こんな感じで仕掛けをセットするので竿にはかなりこだわりたいメバル釣りですね

メバル釣りのメソッドでも書いたように、メバル釣りは感度優先となります。のべ竿でさぐり釣りをするなら長くなる可能性がありますが、アタリを明確に出すこのレベルの 竿がほしいと思います。

おすすめメバル竿

釣好師の好きなメバルロッドをメーカ別に紹介します。これじゃないとダメではありませんが繊細な釣りなのでこのクラスは揃えたいと思っています。

リールを使う釣りでもいいですが、のべ竿の釣りなので竿だけにウエイトが掛かるの仕方がないこと。でも、掛かったときの糸鳴りと重量感。糸を出せないスリリング なやり取りはこの釣りならではです

【ダイワ さぐりメバル冴抜SC】

さぐりメバル冴抜SC

食い込みの良いソリッド継穂先、長時間の釣りでも疲労の少ない軽量で操作性の高い調子などさぐりメバル釣りに必要とされる基本要素を凝縮させたロッド。

  1. 長時間でも「楽々、持ち重り軽減」のテーパーバット&ロンググリップを採用
  2. さぐりメバルの基本機能もバッチリ
  3. 最も繊細で食い込み抜群のソリッド継穂先
  4. 白色塗装 +からまん穂先で暗闇でも見やすく、トラブルを軽減。

ダイワ精工のメバル竿はこちらからご覧になれます

【がまかつ がまメバル凌波】

さぐりメバル冴抜SC

穂先はメバルのさぐり釣りで最も必要とされる繊細さにこだわりました。

胴部は無駄な樹脂をそぎおとし、極限まで軽量化、より操作性が向上し海中の状況が手に取るようにわかるようになりました。

魚信を感じる・あわせる・タメる・取り込むという一連の動作からグリップまで竿全体がバランスよく働き、微妙なアタリすら逃すことはありません。

がまかつのメバル竿はこちらからご覧になれます

【シマノ メバルXT】

メバルXT

コンパクトで突っ張りのないマイクロマワリリアンをTAFTECカーボンソリッド穂先に装着し、繊細かつトラブルレスを追求。

高い感度と強度を併せ持つ、メバルさぐり釣りロッドのニューベーシック。穂先に白色塗装をほどこし、赤いリリアンとともに視認性の向上に貢献。穂先がもたれる わずかなアタリも見逃しません。

シマノのメバル竿はこちらからご覧になれます



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに