チョイ投げ釣りのいいところ

広く探るのを横にすればいいんです キス釣り

普通、投げ釣りといえば沖から一直線に探っていきます。それは、砂浜のようにだんだん浅くなるようなポイントだからです

ポイントが浅い位置になればなるほど魚の数はへります。当然ですが深い水温が安定している場所に魚は多いのですから

しかし、防波堤ではどうでしょうか?足元からすでに20mあるような場所もあります。多少浅いような港内であっても、大型船がはいるような港であれば 必ず、船道が出来ています。ここが絶好のポイントなんです。チョイ投げここを狙って見ましょう

チョイ投げ釣りは、簡単な仕掛けですので小回りが聞くし、移動も楽です。どんどん移動してての届くエリアを探ることができますね

チョイ投げのテクニック

大遠投するのが釣りではない。仕掛けをポイントに入れる手段に過ぎないです。さらにいうと

魚が警戒心をもつと、オモリの重さで餌を口にしなくなります。では、仕掛けを軽くして狙うと釣れる。釣りやすいっていう考えになります

チョイ投げ釣りとはよく言ったもので、チョイと船のカケアガリまで持っていく。あとは、魚が当たる場所を探りながら移動する。

本格的な投げ釣りでは出来ない行動です。

さらに、ルアーロッドを利用した場合のと竿の長さが7フィートから8フィートくらいだと思います。このコンパクトさを利用してアンダーキャストもできます。 狭い防波堤を歩きながらアンダーキャストで正確に投げ込むってのもありだと思います。

キスやカレイ釣りではそんな必要ありませんが、ガシラやアイナメのような岩場に住み着くような魚の場合は、こんな攻め方が必要とされます。

  • 船道を横に探る
  • アンダーキャストでタイトに攻める
  • ポイントを探しながらこまめに移動する

この辺を抑えて釣りしてみましょう



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに