キスを狙うならこのポイント

キス釣りの重要なポイント「ヨブ」 キス

キス釣りで重要なポイント「ヨブ」、「カケアガリ」この2つは絶対に覚えてください。このポイントを押さえていれば確実に釣れます。

キスは一般的に海底が砂地の場所に生息します。砂底ならどこでも釣れるわけではなく、やはり好んで集まる場所があります。

ヨブ・・・波の動きや潮の流れによって出来た海底の起伏でここにプランクトンや魚のえさとなる小動物が溜まるため、白キスも集まります。

カケアガリ・・・ヨブとどうように海底の起伏がある場所ですが、ヨブよりも大きな起伏であり、その場所は変化することがあまりありません。 ということは、エサとなるプランクトンや小動物が常に付いているような場所というわけです。

シロギスだけではなくカレイやイシモチ、真鯛などあらゆる魚のこうポイントになっています。
防波堤の中には必ず出来ている「カケアガリ」があります。・・・・「船道」・・・船が通るため海底が深くなっています。ここがカケアガリになり絶好釣なポイントとなります。
キスの場合、特に落ちギス(深場に移動する晩秋の頃)時期は大型がそれほど遠くないポイントで釣れます。初心者の方にはオススメなポイントです。

キス釣りのポイントの選び方

キス釣りをするとき、釣れるポイントは限られます。特に防波堤から狙うポイントは数箇所。
基本的には砂地が定番ですが、釣好師的には、ゴロタ石のポイントが大型ゲットのポイントとしておすすめですね。
以下に基本的なポイントを説明します。

  • 沖に広がる砂地(ヨブやカケアガリ)
  • 沖の根回り(まわりが砂地なら尚OK)
  • 船道のカケアガリ

潮通しがよければ港内でも釣れるが、沖が荒れて海が濁っているようなときはキス釣りには適さない。この日は避けたほうが無難ですね。

カレイを狙うならこのポイント



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに