サビキ釣り

”サビキ”ながら釣るからサビキ釣りなんです

さびくとは・・・魚の前に餌を持ってきて動かすこと。いわゆる「誘い」ってやつですね

アジのサビキ釣りは、疑似餌を使います。ルアーではないけどね。針にひげみたなものがついていて(スキンもあるけど)これが、マキエサである アミエビに見えるみたいです。そいつをさびくと掛かるしくみです。

つまり・・・アミエビの中に疑似針を持っていくことでアジが掛かるというような釣りです。

アジの掛かりがいいように針が多いほうがたくさんかかります。でも外すのは面倒。手返しを早くすれば、マキエがよく効いてアジが逃げないようなエリアを 作ることが出来ます。このマキエと擬餌針の関係が重要「サビキ釣り」これを

  • サビキ釣りの道具
  • サビキ釣りの仕掛けとセット
  • アジの習性

としてお送りします。サビキ釣りをなめたらあかんですよ。サビキの基本が分かると他のマキエを使った釣りで応用が効きます。 この感覚は非常に重要です。目で見て確かめる同調。これができない人は、上手くなりません

サビキ釣りの道具

基本的な釣り方をまずマスターしよう。そこからはじめることで確実に釣果が変る。難しいことはありません。 その証拠に気候がよくなると、どこの防波堤でもサビキ釣りを楽しむファミリーがいるではありませんか?

価値ある一匹ではなく、小あじを大漁にゲットするには、基本に忠実な釣りをこころ掛けましょう

詳しくはこちらから・・・

サビキ仕掛けをセット

一般的に売られいる「サビキ仕掛け」これでいいです。

でも、初心者の方には、エダス(針のついている数)の少ないものがお勧めです。

なぜかというと 針が多いと初めての人は針が絡んでトラブルになりやすいから。
針が少ない分は手返しでカバーしましょう。

針の大きさ

針の大きさは、魚の大きさに合わせて買いますが、小さいものを買っていれば問題なしです。
4号か5号くらいです。
色もたくさんありますが、時期や場所によっても違うので釣具屋さんに聞くのがいいと思います。
(私は,よくスキンをかいますが...(夕方の釣りにgood)

竿

何でもいいです。自分の使いやすい長さの磯竿があれば十分です。あまり柔らかすぎると糸が絡みやすいので、出返しを重視するひとは 渓流竿を使うといい!リールの必要のない高さの防波堤ではこの竿に勝るものはない。

撒きえカゴ

餌であるアミえびを入れるカゴ
これを仕掛けの一番下につけて、餌をこの中に入れるようにします。

あったら便利な道具

「コマセバケツ」、「吸い込みバケツ」←餌のアミえびを入れて少し海水をまぜてバケツの中でチャップチャップすれば、勝手にカゴのなかに餌が入ります。手も汚れない

「水くみバケツ」・・・必須かも、手を洗ったり、釣り場を流したりするのに必要

「クーラーボックス」釣った魚をすぐ入れておくと新鮮です。

アジの習性

アジは、磯釣りなどではエサトリと言われ嫌われています。その習性はすごくどんな手段を使ってもサシエをとられてしまいます。

ということは、アジの群れさえ入ってくれば、大きなアクションやはでなアピールをしなくても釣れるということです。

アミエビの臭いだけでよってくるアジでので、雰囲気を十分に出せば入食いになります。しかし、これだけいるんだからマキエ無くても釣れるんじゃない? って思ってもつれません。活性の高いときは、引っかかることもありますが・・・通常ではありえない

マキエを十分に効かせながら・・・釣ることが・・・あじの習性を一番生かした釣り方になります。



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに