お手軽サビキ釣り

手軽に出来る釣り「サビキ釣り」目指すのは「数」か「大物」か?

気軽にだれでも楽しくできるのが、「サビキ釣り」なんですよね

釣るという楽しみは十分に堪能できますが、貪欲な人間ほど満足できなくなってきます。
一匹でも多く釣りたくなってきたり、大きなアジを釣ってみてたくなるものです

実際に15cmクラスのアジをクーラー満タンにしたり、30cmを越えるアジを釣るとその願望はますます大きくなります。

このぺージでは「数釣り」のメソッドと「大物釣り」のメソッドをお送りします

サビキ釣りをなめたらあかん!「100匹釣るサビキ釣り」「30cmオーバを釣るサビキ釣り」ここにこだわればオモシロイ!

数釣りサビキ釣り

釣好師は、このスタイルのサビキ釣りが大好きです。

それは、魚のあたり「ぶるっぶるっ」がダイレクトにきますし、手返しが非常にいい!!
子どもと一緒でも安心して釣りができます。

渓流竿でサビキをすると、竿の弾力の強さを感じることができます。
強いんですよ!!竿!!上手につかえば!!

是非、渓流竿のサビキ釣りしてみてください。

手返しって言葉わかりますか?仕掛けを次々と海に入れることなんですが、これが順調に早くなることで魚がそのポイントから離れることがありません。
アジを自分の目の前に釘付けにしておけば、後はもう入食い状態です。糸が切れるまでつれ続けることでしょう

サビキ釣りの方法

竿は防波堤の高さや場所の水深によって、4~5メートルくらいなものを使います
竿の先に2号程度の道糸を結びその先に市販のサビキ仕掛けを付けます。

仕掛けの先端にはヨリモドシ(サルカン)が付いていますから、そこと道糸を結びます。

仕掛けの針の大きさは、魚の大きさにもよりますが、4~7号くらいでしょう。
色もさまざまですが、白やピンクが無難です。(僕はスキンを愛用します)

市販のサビキ仕掛けには、カゴが付いているものもあります。ついていなければ、
おもり付きのコマセカゴ(サビキ用)を購入して、仕掛けの一番下のスナップつきサルカンに付けます。

仕掛けをつけたら、針が枝状に広がっていることを確認してください。

仕掛けに「こちらからひっぱる」とかいてあります。ここに道糸。反対側におもりが付いていれば。枝状になるはずです。

道糸を含めた仕掛けの長さが、使う竿と同じ長さにしてください。あまり長いと魚がたくさん掛かったとき、竿がしなって取り込みにくくなります。

【リールをつけた振り出し竿のサビキ釣り】

魚が見えないときは、魚はもっと深い所にいる可能性があります。
また、足場の高い防波堤から釣るときも、リールつきの竿が必要になります。

1号から1.5号の4.5~5.3メートルの磯竿小型スピニングリールのセットが理想的です。

コンパクトロッドやルアーロッドでも代用できますが、サビキ仕掛けよりも短い竿は、非常に扱いづらく向きません。

仕掛けは、渓流竿の時のものでいいと思います。

大物(30cmオーバのアジ)狙うなら



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに