サヨリを三連ウキ仕掛けで釣る方法

餌を上手にとるサヨリを上手く釣る方法はここだぁ

振り子の原理で刺しエサが先に海面に着くように投げ込みます。

付けエサ→アタリウキの順で落ちるようになれば、いつサヨリがあたってもアタリがわかるし、竿を少し立てるだけでシッカリ針掛りしてくれるはずです

また、手前から流れているコマセと同調するというメリットもあります。(これって釣りではメチャンコ重要なこと)

あたりは、ウキが沈むほかに、横に走ったり、手前に戻ったりします。
ほとんどが、竿を立てるだけで対応できますが、手前にもどってきたときは仕掛けをまっすぐに伸ばしてから合わせる必要があります。
何回かやってるうちになんとなく間隔で出来るようになります。渓流竿の仕掛けは、単純なので竿が体の一部のようになれば、あなたはもう達人?でしょう

ウキが横に走ったときは、走った方向と反対側にあわせを入れましょう!!

とここまであわせについて書いてきましたが、単純に考えると3つのウキがまっすぐになるように引けば確実にアタリが取れる!!ってことです。

これが、3連ウキのいいところ!爆釣間違いなしですね

アタリはあるのに・・・

好調につれていたのに針がかりしなくなったとき
そんなときは、針を確認してください。サヨリの口は堅いため、針先がつぶれていたり磨耗したりすることがあります。

周りは釣れているのに自分だけ釣れないとき
ハリスがよれていないかどうかチェックしよう。

ハリの結び目近くがザラザラと傷がついているときも食いが悪くなります。そんなときは、すぐにハリスを結びなおします。

ポイントが遠くになっている場合、飛ばし浮きの着水音でサヨリが散っている可能性があります。
これらのことは、特別なことをやっているのではなく、常に周りの状況を観察してそれに対応するだけです。これが釣果に大きな影響を与えるのです。

コマセ撒き方テクニック

マキエで寄せないとサヨリ釣りにならんよ!

ポイントを有効に作ってやることこれが大事。

じゃどうすればいいの・・・つづきはこちら

サヨリ釣りのポイント選び

防波堤

サヨリを上手くつるには、ポイント選びが重要です。

サヨリならではポイント選びがあるから、知っていて損はない。大体の魚が集まる場所が決まっているんのだが、サヨリの場合は表層を泳ぐ 魚なのでこのポイント選びには苦労する。重要なことだけを記述してあるから初心者にも分かりやすいと思う。

ファミリーフィッシングで動きのあるウキ釣りを楽しく演出するためびは、ポイント選びは重要である。

詳しくはこちらから・・・

サヨリ釣りの三連ウキ仕掛け

サヨリ釣りの仕掛けといえば・・・飛ばしウキにハリスウキをつけた仕掛けと思いますが、いろんな要素を十ニ分にいかせる仕掛けがある!

それが「三連ウキ仕掛け」です

コマセで寄せて、海面すれすれの浅いタナで喰わす「サヨリ」。アタリは横走りするので棒ウキにはあわせにくい。円錐では当たった事さえも分かりにくい。

そんな理想的な仕掛けがあるのか!

詳しくはこちらから・・・



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに