スズキの飲ませ釣り

ジワーと沈むウキにドキドキする飲ませ釣り スズキ

フィッシュイーターであるスズキを釣るためにエサを「アジ」にする発想は当然である

しかも、大型が釣れるとなれば最高です。エサの調達の手間はありますが、2本立ての釣りと考えればそんなに難しいことではありません

しかし、おおくのアングラーが悩む飲ませ釣りのアタリと手返しの悪さ。そして釣果に結びつかないこと

そんな悩みを解決する喰わせる飲ませ釣りの5つの極意を紹介します

条件とテクニックが伴いとなかなか釣ることができない”飲ませ釣り”ですが、当たれば大型間違いなし!そんな釣りに惹かれませんか?

地元アングラーが知っているスズキを釣る5つのポイント

地元アングラーに聞いたのませ釣りのポイントをまとめると以下の5つになった。どれも但馬地方では有力な情報ばかりである

  1. 朝まず目を狙う
  2. エサのアジを確保せよ
  3. アタリはゆっくり、そして大胆に
  4. ハリスは4号、短めで
  5. 投げサビキ仕掛けを応用すればいい

これから、それぞれ項目について解説していく

1.朝まず目を狙う

スズキを釣るのにまず目時がいいのはいうまでもない事実。

のませ釣りの場合、昼間釣ったアジで狙うとなかなか食い込まない。季節性もあると思うが、初夏から秋にかけてはアジを追いかけるスズキ。 朝まず目、少し明るくなり始めたころに多くのボイルを行う。このときがチャンスが多い。

夕まず目でも当たってくるが、朝まず目の方がチャンスは多い

2.エサのアジを確保

飲ませ釣りの場合、皆が苦労すると思います。

最近では、アオリイカのヤエン釣りの影響かアジを生かすバッカンのようなものも出ているので、重宝します。

気をつけてほしいのは、アジの酸素量。ポンプをしていてもアジが狭いバッカンで泳いでいると必要な酸素が足りなくなります。スカリのようなもので活かしておくのがベストだと思います

3.アタリはゆっくり、アワセは大胆に

アジをエサにしているので、スズキが近づいてくると暴れます。その暴れた後、ウキはゆっくりと沈みます。

これでアワセを入れるのではなく竿を持ったまま少し待ってから、誘う感じからシッカリとあわせます

スズキのエラ洗いに負けないように糸は常に張った状態で取り込みます。アワセがシッカリしていないとバレル可能性が大きくなります

4.ハリスは4号 短めで

飲ませ釣りの場合、エサのアジを自由に泳がせた方が釣れる。抑制した方が釣れると賛否両論ですが・・・

但馬では、短め1ヒロでいいでしょう!アジの動くを抑制しつつ泳がします

そして、場所によっては大きなハマチが掛かることもあります。そのためにも3号以上の磯竿に4号以上のハリスで挑みましょう。

5.仕掛けは投げサビキを応用して

仕掛けは、飲ませ釣り専用仕掛けは要りません。

サビキの仕掛けを4号以上のアジ掛けようの仕掛けに変えるだけです。欲をだしてアオリイカもなんて考えると何もつれない絡むだけの仕掛けになります。 シンプルに飲ませるだけの仕掛けにかえましょう。ポイントは流れのあるポイントへの投入です



関連サイト

浜坂の防波堤釣り

但馬屈指の防波堤釣り釣り場。ファミリーフィッシングに最適

アジのサビキ釣り

アジのサビキ釣りを解説。目からウロコが落ちるような爆釣ポイントがここに

投げ釣りの方法

投げ釣りの基本からスーパーメッソドまで。すべて公開しています。

エビ撒き釣りの極意

最強のコマセ釣り”エビ撒き”生きた餌で寄せる釣りの極意をここに