トップ > ぶっこみ釣りでチヌ!!

ぶっこみ釣りでチヌを!

ぶっこみ釣りとは・・・

道糸に中通しのおもりをつけて、短いハリスと餌だけで釣る。
非常にシンプルな釣り方です。

こんな仕掛けで釣れるの??と思われる方がいるとおもいますが、結構ずぼら釣りですが、実績が非常にある釣り方です。

餌は、「オキアミ」、「アオイソメ」、「ボケ」などを使います。

チヌを狙って釣るのですが、シンプルな釣りだけにおいしい外道も良くあたります。
例えば、カレイ、スズキ、アコウ(キジハタ)です。

絡まりやすいような感じがしますが、投げ方をマスターすれば、全然絡まないし、手返しも早くなります。
でも、根掛りは避けて通ることが出来ません。仕掛け自体は高額なものじゃないので痛くないと思います。

安くて、大物をゲットできる魔法が掛かったような「ぶっこみ釣り」を解説していきます

ぶっこみ釣りの仕掛け

竿は、磯竿1号から2号くらいのもので十分です。

それほど遠くにポイントがないので、竿の硬さはいりません。また、掛けたあとも硬い竿だとバラス可能性も高いのでこの程度にしておきましょう。

リールは、道糸2号から3号が十分巻けるもの

中通しのおもり1号から3号くらいを用意します。
そのおもりを道糸に通し、サルカンを結んだら固定しましょう!この固定が非常に楽なゴム管付きの仲通おもりが便利だと思います。

サルカンの先にハリス2号くらいを50センチとり、針を付けます。

餌は、「オキアミ」、「アオイソメ」、「ボケ」をチョン掛けしておきます。
「シラサエビ」なんかもいいと思いますが、私は使ったことがないので良くわかりません。

チヌは、視覚よりも嗅覚に非常に優れた魚です。
「サナギ」も絶好の餌なので、使ってみてはどうでしょうか?

撒き餌をしてチヌを寄せてから釣る方法もありますが、防波堤からのぶっこみならのんびり待って釣りをする方がいいと思います。
軟らかい竿がぎゅーーーーーーーーーーーーーんと曲がる姿は最高ですよ。

ぶっこみ釣りのポイント

基本的にどの釣りでも同じですが、餌の集まりそうな場所がポイントです!

防波堤の先端の内側、捨石周り、船道の駆け上がり、川の流れ込みなどがポイントになります。

仕掛けをポイントの近くに投げ込み、少し引いて来る
すると、コトンと仕掛けが引っかかる場所があります。そこに仕掛けを置いておく。竿も道糸が垂直になるようにするか、竿立にたてかけておきましょう!

このとき、仕掛けのテンションが話題になりますが、わたしは少し掛けておく派です。
これには、理由があります。

チヌは、非常に好奇心旺盛でかつ臆病な魚です。

目の前においしそうな餌があると、一気に「ガバッ」と下品に食しません。
少し距離をおいてから餌を突付き、一度口に入れます。それから噛みますが、このとき違和感を感じると吐き出します。

仕掛けにテンションが掛かっていると、食べたときに違和感を感じると思いでしょうが、実は違うんです

テンションが掛かっているのは、竿先からオモリまで!!ここがポイントです。
ということは、チヌには違和感を感じられることなく、アタリが確実に取れるのは「テンション掛け」派なんですね。

テンションを掛けていないと・・・アタリをとることが出来ず、チヌが警戒心を持ち針に掛かることなく釣りあげることが出来ません。

アタリが取れると・・・竿を少し持ち上げてテンションを緩めてあげるんですね! ドキドキします。。。。
そうすることによってチヌが警戒せずに針掛りします。あとは、仕掛けをびゅーーーーーーんと持っていった瞬間にあわせて、取り込みます。

ぶっこみの最大の魅力は、「竿先のアタリが出てから」です。どうかこの興奮を味わってください。

急速イオン消臭スプレー【ヌーラ】  |  日焼け対策・紫外線対策ウェア  |  インディアン伝承シャンプー  |  イカした釣りサイト作成術   |  帝カロから揚げ  |  AIクリエイト