トップ > 防波堤のアオリイカはエギングで

防波堤のアオリイカはエギングで

最近、話題の「エギング」。エギ(餌木)と呼ばれる和製ルアーを用いてアオリイカを釣ること

九州では、「モイカ」とよばれるように藻場周辺に多く生息するフィッシュイーター(魚を食べる)です。

アオリイカは、漁港や防波堤の周りに多く、比較的簡単に掛かるので人気の高い釣りになっています。
また、イカは食べても美味しく、家族にも人気のある釣り者になっていると思います

狙う時間帯は、夕まず目から夜間。朝まず目から日中の2パターンあります。

このサイトでは、仕掛け、ポイントなど紹介しています。

浜坂漁港は、山陰の漁港のなかでもアオリイカの宝庫です。ポイントもたくさんあるので、どんどん移動して最高のエギングをどうぞ!!

快適で楽しい「エギング」を浜坂でやってみませんか?

エギングのポイント別攻略法

主なポイントは、漁港周りや磯の藻場や沈み根です。

夜釣りでは、藻場や沈み根の確認は日中しておきましょう。

基本的に春は、漁港外向きや磯を中心。
秋は、広範囲に散らばっているので、くまなく探ろう。

秋のアオリイカはサイズが小さいが実際にイカを見ながらの釣り
サイトフィシングができるので、初心者の方はこのサイトフィシングから始めると、エギングにハマルよ

1.常夜灯

ベイトフィッシュが集まりやすく、夜の定番ポイント。
明るい部分と暗い部分の境目等に、エギを投げてみよう。

2.漁港内向き

広範囲をエギで丹念に探ってみよう。
船道等のストラクチャーも忘れずに!
停泊している漁船やブイに小型のアオリイカが着いていることがあるので要チェック。

3.漁港外向き

潮通しのよい藻場や沈み根を中心に狙ってみよう。

4.磯

根掛りが多いので、ひと回り強いラインを使用すること。
広範囲をエギで丹念に探ってみよう。

シャクリのテクニック

エギングの代表的なテクニック「二段シャクリ」。

エギをキャスト

底を取り→ラインスラッグを取る

9時⇒12時方向に鋭くシャク→すばやくラインスラッグを取る

もう1度9時⇒12時方向に鋭くシャクる

底を取る。

これを何度も繰り返すのが「二段シャクリ」の基本です。エギをキャストした後、必ず底取りしよう!!

アオリイカは、フォール中にバイトすることが多いので、フォール中はラインにテンションを張り、集中しよう。
アオリイカのアタリはさまざまで、竿先に分かるようなアタリは少なく、ラインの変化でアタリを察知しよう。
アタリがあっても即アワセせず、一息おいてアワセよう!

このとき、身切れを起こすことがあるので、リールのドラグは緩く設定しよう。

シャクった時、「ジッ」と鳴るくらいに設定しよう。
大きなイカ程、ボトム付近に着いている傾向があるようです。
基本的に、日中はすばやく、夜はスローにアクションすること。

エギングの道具(タックル)

基本的にルアーフィシングです。
ロッドやリールはもちろんほかのシーバスやメバルのルアーフィシングの道具(タックル)で使いまわすことが出来ます。

しかし、このエギングブームにより、いい竿やリールが出ているのも事実ですね。

ロッド選びやリールの選定に悩んだら、このサイトを覗いてください。
お役にたてる情報があれば最高ですが・・・

ロッドやリールよりもエギの方が案外、簡単に選択出来たりして(爆)

  • 1.ロッド
  • 2.リール
  • 3.ライン(糸)
  • 4.リーダー
  • 5.エギ

ほかにも、あったほうが便利なものも紹介します。
エギングの道具のつづきはこちら・・・ エギングのブログ←こちらのサイトも注目!!

シャクリ・・・シャクリは基本的に2段シャクリがポピュラーです。
*スラックジャーク*が主な僕には二段シャクリでの1回目のシャクリでほとんどエギが動いないてと感じ3段シャクリをするようになりました!!
ラインテンションをかけたままシャクリを入れる場合は2段、3段とその時にあったシャクリを見つけるのも有効だと思います。

スラックジャーク・・・・・糸ふけをたくさん出した状態でシャクリを入れることです!!こうすれば、糸ふけが出てる分エギがイレギュラーに動きますし、エギの移動幅も少なめで烏賊に見せる時間が増えます

ダート・・・シャクリが縦の動きならダートは横の動き

ベイトフィシュ・・・アジやサバといったイカの餌となる魚のこと

ラインスラッグ・・・スラックジャークからわかるように「糸ふけ」です

急速イオン消臭スプレー【ヌーラ】  |  日焼け対策・紫外線対策ウェア  |  インディアン伝承シャンプー  |  イカした釣りサイト作成術   |  帝カロから揚げ  |  AIクリエイト