トップ > 白灯台波止の釣り

白灯台波止(白灯台)の釣り

白灯台波止(通称 白灯台)は,浜坂漁でNo2の人気場所です.

付け根あたりから釣り場になりますが,メインとなる釣り場は,外向き,内向き,先端の3箇所になります.
付け根から結構歩かないといい釣り場にいけないこの防波堤.
外が荒れた場合は,内向きでチヌやカレイなどが釣れます.
外向きは,大きなテトラ入っているため,先端近くにいってテトラの上からの釣りになります.チヌやグレ,ガシラ,メバルの好ポイントです
メインとなる先端ポイント外向きと赤灯台向き,港内向きとどの向きもいいポイントとなります.注意が必要なのは,港内に船がよく出入りしますのでほったらかしにすると仕掛けが切られますよ!!

 

白灯台波止で釣りものを釣好師的に解説します.
港内の基本的な釣りに加え遠くのポイントを探る必要がありますので,竿捌きや仕掛けにも一工夫がいります.

それでは,白灯台波止の釣りをどうぞ

「ウキ釣りでチヌ!!」

ウキチヌ

ウキ釣りでチヌを狙います.ポイントが少し複雑になるので基本から少し外れますね.
ウキの役割がたくさんあるため、釣りに幅が出来ます。あたりを明確に捉えたり、ポイントまで仕掛けを流したり。
ここ、白灯台波止は、足場が高いので、ウキを使った釣りが非常に役に立つ。

先ほどの特徴のあるウキ釣りで、BIGなチヌをゲットしましょう。

エサ取り(本命の魚にエサが届くまでに刺しエサを獲ってしまう魚)が多くなるとウキ釣りでは難しくなります。(エサがないのに・・ボート仕掛けをながしてる(汗))
少々のエサ取りは、コマセ(撒きえ)でかわそう。ほかのもダンゴ釣りっていうのもあります。

続きはこちら

「ぶっこみ釣りでチヌ!!」

じっくり,釣りを楽しみたい方におすすめ.

こんなとこで!!  チヌが大胆に捕食します.

基本は大事!!チヌはいろんな本で紹介されている釣り方がありますが,まず基本どおり考えて見ました.

ポイントはあります. 今回は,そのポイントを解説します.

「投げサビキで大物アジ!!」

サビキの基本から,モット沖のポイントへダイレクトにサビキを入れます.

おおきなウキが,ピコンピコンってなるのは,楽しいですよ.

大アジが掛かると,ウキが上がってこないくらい引きます.南蛮漬けから刺身やタタキクラスが上がります

ポイントはあります. 今回は,そのポイントを解説します.

「穴釣りでガシラ!!」

ガシラ

おおきなテトラの間から、するすると仕掛けを落として気軽にガシラをゲット!!

危険なテトラに乗ることなく、付け根から順番に探って行けば、大物の穴があるかもね。

防波堤釣りの人気釣法のヒトツ穴釣り
短竿に超小型リール。さらにオキアミを片手にテトラをポーンポーンとわたりながら探りながらの釣り。
地味な釣りですが、はまると面白いこの釣り。

意外な大物に出くわすこともあります。くれぐれもテトラの穴に自分が落ちないように十分気をつけてください。

ポイントはあります。今回は、そのポイントを解説します.

「投げ釣りでキス&カレイ!!」

内向きがメインとなりますが,投げ釣りでキスやカレイを狙ってみよう!!

キスは,隣のサンビーチがメインですが,白灯台波止の内向きでも実績があります.

季節によりますが,冬の越冬キスやカレイは,ヒジタタキと呼ばれる 大物ゲットできるかも

投げ釣りでカレイはこちら・・・ 投げ釣りでキスはこちら・・・

ポイントはあります. 今回は,そのポイントを解説します.

急速イオン消臭スプレー【ヌーラ】  |  日焼け対策・紫外線対策ウェア  |  インディアン伝承シャンプー  |  イカした釣りサイト作成術   |  帝カロから揚げ  |  AIクリエイト