トップ > ウキ釣りでチヌ!! > 四季のチヌ

四季によるチヌの行動パターン

「のっこみ」「落ち」チヌの行動は季節に密着している・・・

  • 春の「のっこみ」
  • 梅雨から夏
  • 「落ち」の秋
  • チヌの一年はおよそこの3つのパターンが出来る。

    地方によって何月とはいえないが、この周期を知ることで、50%チヌを仕留めたようなものです。

    春先、それまで産卵を控えていたチヌたちは水温の上昇とともに浅場に群れで移動(これをのっこみという)してくる。
    浅場の藻が生い茂った場所で産卵を行い、近くの岩礁帯でしばらく捕食をすることなく休憩をとる。
    体力の回復を行っていると思う。

    梅雨から夏にかけて、体力を回復させたチヌは、再び捕食を始める。

    夏が終わりかけると、あちこちに散っていたチヌの群れが再び集まって、「落ち」の準備を始める

    厳寒期 冬になると比較的水温の安定した深場で過ごす

    春と秋の群れで行動する時期これが狙い目じゃないか!</p>

    春の「のっこみ」の攻略法

    春になると水温の上昇とともに浅場に産卵のため、チヌが寄ってくる
    これをのっこみという「のっこんできたよ」なんて釣り師の間で話がでる。

    のっこみが始まるといよいよチヌ釣りシーズンの開幕である。
    このころのチヌは、食欲旺盛で、引きは鈍いので初心者には初めてのチヌ(それも大型)を手にする絶好のチャンスである

    この時期は、ある程度の群れで行動をしていて、産卵が近づくと水深の浅く海草が生い茂る静かワンドのような場所に集結してくる。

    海草の生い茂る海底は得てして岩盤や岩礁帯といったことが多いので、狙い方は必然的に海草帯の上海草帯と砂地の境を少し底を切るくらいのウキ下で狙うことが多い。

    春の早い時期は、餌取りも少ないので、つり方は普通のオキアミをエサにしたフカセ釣りが行われる。
    撒きえさを海底にごく少量固まるように撒くようにする。あまり活性の高くないチヌなので、大量に撒きえさは禁物である。

    水温が18度になってくると、小サバやベラ、フグといったえさ取りが出てくる。軟らかいエサは、あっというまになくなる。
    そんなときは、ダンゴを硬く握った釣り方をすると底まで刺しえを残したまま釣りが出来る。

    「落ち」の秋の攻略法

    夏が終わると秋を迎えるころ、チヌたちは「落ち」の準備に入る。
    あちこちに散らばっていた小さな群れは、水温の低下とともにだんだんと大きな群れにまとまり、大型魚から順に深場へ移動する。

    しかし、すべてのチヌが深場へ移動するわけではない

    特に黒潮など暖流の影響を受ける海域では、浅場に居つく個体も数多くみられ、一年を通して付近で過ごすものもいる。

    攻略法
    深場におちたチヌはフカセ釣りではまず狙えない、この時期のチヌは、居付きを狙う

    狙う場所は、アオサやノリなどがよく生えているワンド状の釣り場

    つり方は、えさ取りが少ないのでフカセ釣りで狙う

    しかし、この時期でもオキアミを食わないときがある。そんなときは、ダンゴやほかの刺しえでアピールすることも必要となる。

    タナにつくまでに、チヌの視覚嗅覚にアピールするようにする。

    ウキという仕掛けを知る

    ポイントへエサを届け、海の様子と魚からの情報を伝えるウキ!

    ウキという仕掛けの7つ役割を理解することでウキ釣りが楽しくなる

    ウキには、7つの役割がある・・・

    ウキは、釣りの道具の中のヒトツ
    そう考えていた人は、釣果がイマイチではないでしょうか?

    ウキを利用して、魚の信号(魚信)をとらえる
    魚のいる場所(たまり場)、地形をとらえる
    潮の流れを読み、仕掛けを安定させる

    これをわかりはじめたら、自然と釣果が上がります!

    • 1.アタリ(魚信)を伝える
    • 2.目印
    • 3.タナ(ウキ下)を保つ
    • 4.タナ(ウキ下)の変化を知る
    • 5.ポイントへ仕掛けを運ぶ

    続きはこちら

    エサを考える

    1.コマセ(撒きえ)でチヌの活性を上げろ

    2.付けエサで釣果をあげろ

    この2点がポイント・・・