トップ > マナーとルール

防波堤の釣り ~マナーとルール~

ファミリーフィッシングのエチケット

港や防波堤などで釣りを楽しむには、最低限のルールとマナーがあります。

日曜、祭日には多くの家族がいます。気持ちよく釣りを楽しむために守りましょう!

1.工事や漁業の方の邪魔にならないようにしましょう。

護岸工事や漁師の方が、港や防波堤にいる場合があります。

お仕事をされている方の邪魔にならないようにしましょう。

また、車なども決められた場所に駐車しましょう。

【浜坂漁港の駐車可能な場所】

2.先に釣りをされている人の隣で釣るときは、一言かけましょう。

隣で釣りをする場合、オマツリや仕掛けがクロスする可能性があります。
ましてや、小さいお子様がおられる場合にはうまく釣りができません。
トラブルが起きたときにも、あいさつをしていれば 一言あやまれば許してくれるでしょう。

 

3.釣り場ではふざけなように!

あまり大きな声をだしたり、ふざけていると事故の原因になります。
おふざけは気をつけましょう!

4.小さい魚、食べない魚はやさしく海にリリースしましょう!

魚は大事な生き物です。食べれない魚を暑い防波堤の上に置いたりしないで、やさしく海に返してあげましょう。
持って帰る魚はおいしくいただきましょう!

5.釣りが終わったあとは、きれいにカタズケましょう!

ごみは必ず持ち帰りましょう。

釣り場をきれいに!

次来たときに気持ちよく釣りができますよ。
水を流してきれいにしましょう。タバコのポイ捨て厳禁!

管理釣り場や釣堀などでは、管理人の方や清掃してくれるか方がおられますが、普段、家族でいく港や防波堤、浜辺は皆さんのものです。
釣り人同士気持ちよくつりをするために上記のルールは守りたいものです。

魚もきれいな場所に集まってくると思います。

楽しく快適な釣りを楽しみましょう!