投げ釣りのキス釣り

投げ釣りの一番人気のターゲット

キス=シロギスは、北海道南部から九州南部にかけて広いはんで釣る事のできる魚なので、全国的に人気のある対象魚。
また、パールピンクにカ輝く美しい魚体と淡白で上品な味でもあり家族にも喜ばれる魚である。

キスは、砂地に生息する魚なので砂浜から投げる釣りのイメージが強い
初夏から秋口にかけては、砂浜=サーフの釣りが中心になる。

そのほかの時期は、意外と防波堤で釣れるキスが多い。しかも、「ヒジタタキ」と呼ばれるような大型キスはこんな場所で釣られる!

浜坂のキス釣りスポット

  • サンビーチ一帯
  • 岸田川河口付近
  • 浜坂漁港内

浜坂を舞台で入食いするキス釣りの魅力と「おさえて置きたいキス釣りのポイント」をこのサイトで説明する。
数釣りから憧れのヒジタタキをゲットまで、このサイトをみてから実践してみてください。

ヒジタタキ キス

コツコツこんなアタリが普通のキス。これが、ヒジタタキになるとゴンッゴンと何!?と思うぐらい引く
投げ竿は、リールシートから竿尻までが磯竿などと比べ長い。このことから竿を持ってアタリを待つとき、竿尻を肘で固定することが多い。この肘をキスが当たってくるとき、ゴンッゴンと タタクのでヒジタタキと呼ばれています。おおよそこのアタリを出すキスは、25cm~30cm以上クラスのキスです。別名「尺キス」とも呼ばれますが、30cmを超えたキスはその体の太さにもびっくりさせられます。

投げキス釣りのポイント

キス釣りで重要なポイント「ヨブ」、「カケアガリ」この2つは絶対に覚えてください。このポイントを押さえていれば確実に釣れます。

キス釣りの重要なポイント「ヨブ」

キスは一般的に海底が砂地の場所に生息します。砂底ならどこでも釣れるわけではなく、やはり好んで集まる場所があります。

ヨブ・・・波の動きや潮の流れによって出来た海底の起伏でここにプランクトンや魚のえさとなる小動物が溜まるため、白キスも集まります。

カケアガリ・・・ヨブとどうように海底の起伏がある場所ですが、ヨブよりも大きな起伏であり、その場所は変化することがあまりありません。ということは、エサとなるプランクトンや小動物が常に付いているような場所というわけです。
なので、シロギスだけではなくカレイやイシモチ、真鯛などあらゆる魚のこうポイントになっています。
防波堤の中には必ず出来ている「カケアガリ」があります。・・・・「船道」・・・船が通るため海底が深くなっています。ここがカケアガリになり絶好釣なポイントとなります。
キスの場合、特に落ちギス(深場に移動する晩秋の頃)時期は大型がそれほど遠くないポイントで釣れます。初心者の方にはオススメなポイントです。

キス釣りのポイントの選び方

キス釣りをするとき、釣れるポイントは限られます。特に防波堤から狙うポイントは数箇所。
基本的には砂地が定番ですが、釣好師的には、ゴロタ石のポイントが大型ゲットのポイントとしておすすめですね。
以下に基本的なポイントを説明します。

  • 沖に広がる砂地(ヨブやカケアガリ)
  • 沖の根回り(まわりが砂地なら尚OK)
  • 船道のカケアガリ

潮通しがよければ港内でも釣れるが、沖が荒れて海が濁っているようなときはキス釣りには適さない。この日は避けたほうが無難ですね。

投げキス釣りの時期

投げキス釣りのエサ&仕掛け

投げキス釣りのつり方

浜坂周辺の投げキススポット

▲ 投げキッス topへ