トップ > たまり場

防波堤で釣れる場所・ポイント

基本的に餌がたくさんあるところが、ポイントです。

魚は何をしているかといえば捕食です。

家の中に良く集まってくる場所は、どこですか?

子どもたちが良く冷蔵庫にきませんか?
ここが餌のある場所です。

海のなかの冷蔵庫的な場所を探しましょう!!

1.【港内】魚市場などからの排水口などある場所。
魚肉や魚の内臓が流れ込むので魚が集まります。

2.【港内】突き出た突堤。
流れが変化して、餌が集まりやすい捨て石周りやかけあがりを魚が回遊する。
海が荒れた日には思わぬ大物のゲットの可能性も!?

3.【港内】いけす周り。
いけすには、餌となる貝や海草が増えるので好ポイントになることも。作業の邪魔にならないように気をつけて

4.【堤防の内側】捨石やトーフ石周り
メバルやタナゴの遊び場になる場所。足元をタイトにせめて見るとよい。コマセは少しずつ

5.【堤防の内側】船道のかけあがり
良く船が通る場所は、かけ上がりになっているので狙って見ると意外な大物もゲットできるかも

6.【堤防の外側】消波ブロック周辺。
ブロック周辺は変化に富みグレやチヌが狙える。

7.【堤防の外側】ハナレ根や沈み根。
岩礁の上に作られやすい堤防では、周りにハナレ根や沈み根が多くある。魚の通り道になりやすい場所なので好ポイント

8.【堤防の先端】
潮通しも良く。人気の場所である。いろんな魚の通り道になるため高率良く魚を狙いたい

9.【堤防の付け根】ゴロタ浜や磯
付け根に磯やゴロタ浜があるとそこから出来るサラシなどでグレが狙える

10.船揚場
海草が付着し、海底から落とされた貝などが周辺に散乱するため、それを餌にする魚が集まりやすい。夕まず目が狙い目

11.【港内】常夜灯周り
夜になると明かりを求めて魚が集まるので夜釣りのポイント

12.河口周辺
河口近くの堤防はスズキやハネの好ポイント