トップ > 防波堤のサビキ釣り

サビキ釣りでアジ!!

ファミリーフィシングの代名詞”サビキ釣り”

サビキ釣りでは、アジ、サバ、イワシといったなじみの深い魚が比較的簡単に大量に釣ることが出来ます。
特に、アジは南蛮漬けやタタキなど家族には喜ばれる魚種です。

しかし、一見簡単そうな「サビキ釣り」でも、ポイントを抑えて釣るのとそうでないのでは釣果に大きな差がでます。

それには、あるコツが必要になります。
ポイントの選び方とそれにあった仕掛けで釣りをすることである程度の釣果が出てきます。

あとは、ひたすら繰り返される釣りです。

快適で楽しい「サビキ釣り」を浜坂でやってみませんか?

渓流竿でのサビキ釣り

一番手軽に「サビキ釣り」を楽しめるのは、渓流竿を使ったサビキ釣りです。

盛期に浅場で釣れる場合はこれがモットも効率よく釣ることができます。

からバリで釣ってみたり、簡単にライントラブルを少なく大漁間違いなし!!

振り出し竿にリールをつけるとさらに深い場所まで探ることが出来ます。
しかし、初心者の方はリールを巻きすぎると竿が折れますので、気をつけてくださいね。

写真のように小さな子どもが十分な引きを味わいながら魚釣ってるように見えます。
大人でも竿のしなりだけで魚とやり取りするんで、結構エキサイトしますよ。でも「リール巻きたいって」うちの子供たちはぼやいてました・・・

投げサビキ釣りで大物アジ

自分の立っている場所から竿2本分くらい沖にポイントがある場合にウキを利用して大型アジを狙います。

思いっきり投げるのではなく、竿の弾力を利用して軽く投げましょう!!

大きなウキが、ピコンピコンとなるのが楽しくなります。

手返しが少し遅くなるのが欠点ですね。

遠投すれば、大物が釣れるわけじゃない
ポイントに的確にエサを高率良くいれて、さらにアジの足を出来るだけながく止めることが、最大のポイントです。

サビキ釣りのポイント

まず、ポイント選びの前に季節と時間はいつですか?

  • 初夏から秋
  • 日の出まえから日の出後数時間
  • 日の入りまえ数時間から日の入り後数時間

要するに、人間の一番過ごしやすい気候の時間帯です。
真夏の昼間には、ポツポツはつれますが明らかに上の時間帯のほうが、たくさん釣れます。

でも、家族で行くなら無理ですよね。
時間帯は合わせられないのであれば、季節で調整されればOKです。

すごしやすい時間帯 これがキーです。


アジやサバは港内の潮通しのいい場所を大小の群れで泳いでいます。

・堤防の先端
・曲がり角
・護岸の角

などが好ポイントになります。

しかし・・・・・・・・・ 流れが速すぎる場所はタブー

撒きえの中を針がある状態がいい釣りであるサビキは、こんな場所よりも、内側の流れが緩やかな場所がいいですね。

周りよりも流れが弱まっているような場所
↑ここに餌が溜まっていることが多いのでこれも好ポイントです。

魚市場の排水口釣り人の多い場所
これも上と同じ。餌が多く集まりやすい場所でgood。

【具体的に港内の高ポイント】

サビキ釣りの仕掛け

一般的に売られいる「サビキ仕掛け」 これでいいです。

でも、初心者の方には、エダス(針のついている数)の少ないものがお勧めです。

なぜかというと 針が多いと初めての人は針が絡んでトラブルになりやすいから。
針が少ない分は手返しでカバーしましょう。

針の大きさ

針の大きさは、魚の大きさに合わせて買いますが、小さいものを買っていれば問題なしです。
4号5号くらいです。
色もたくさんありますが、時期や場所によっても違うので釣具屋さんに聞くのがいいと思います。
(私は,よくスキンをかいますが...(夕方の釣りにgood)

竿

1.渓流竿
2.振り出し竿

例えばこんなの!!→アドセンス←

撒きえカゴ

餌であるアミえびを入れるカゴ

例えばこんなの!!→アドセンス←
これを仕掛けの一番下につけて、餌をこの中に入れるようにします。

あったら便利な道具

コマセバケツ 吸い込みバケツ
↑餌のアミえびを入れて少し海水をまぜてバケツの中でチャップチャップすれば、勝手にカゴのなかに餌が入ります。手も汚れないしね.

水くみバケツ
必須かも、手を洗ったり、釣り場を流したりするのに必要

クーラーボックス
釣った魚をすぐ入れておくと新鮮です。

サビキ釣りの方法

基本さえ分かれば簡単。
簡単だから だれでもできる  やってほしい!!

一連の動きをスムーズに行い、魚の足を止めれれば勝ち!!!

餌をカゴに詰めます。


仕掛けを伸ばして海の方向に出します。


足元にできるだけ垂直降ろします。


竿が海面と平行になるぐらいまで下げて、一回振り上げます。


また、竿を平行にして、しばらく停止。







アジ、サバが引っかかると「ぶるっ」ってなるので


ゆっくり竿を持ち上げて魚を取ります。


「ぶるっ」ってならんかったら、もう一回最初からやり直し。

簡単でしょ。

ここからは、竿やウキがある仕掛けを別々に解説。ポイントが遠くなったり深くなったときの対処方法だ!!