トップ > サヨリ爆釣法-3連ウキ仕掛け-

防波堤の暴走族サヨリ

細長く突き出た下アゴの先端をオレンジ色がかった紅に染め、スマートな体を美しい銀色にきらめかせて泳ぐサヨリ。

詩人・北原白秋が「銀の魚サヨリ お姉さまに似ている」とうったそうですが、釣好師的には、
あれは、暴走族だね!

大群で、エサを追いかけ追う姿は、トグロを巻く大蛇のようです。秋口になるとこの光景をよく浜坂では見ます。
しかし、釣り上げてみると上記のように美しく、食べてみても淡白で美味しい魚です。

アジのサビキ釣りにあきたら、サヨリでも釣ってみてはどうでしょうか?なかなか手ごわいですよ

このサイトでは、なかなか針がかりしないサヨリを確実にしかも大量にゲットできる爆釣法を紹介!!

3連ウキ仕掛けでサヨリを大量に釣って家族の中でヒーローになるのは、あなたです。!!

快適で楽しい「サヨリ釣り」を浜坂でやってみませんか?

ポイント選びが大切

サヨリは、表層近くを泳ぐため、コマセは海面近くを浮遊するようなものが使われます。
そのようなコマセは潮流にもなりますが、表層の流れに乗ることが多いのです。そして、表層の流れを生むのがです。

サヨリを釣る場合は風を背に出来る場所を選ぶことが重要です。

追い風の場所ならコマセがサヨリの回遊する沖へ流れやすく、仕掛けも投げやすいからです。

カゴウキ仕掛けで釣る方法もありますが、向かい風だと当たりが取りづらくあわせも利きません。
サヨリの口周りは意外に固くて、あわせが弱いと針掛りしません。
また、細長い体をくねらせて泳いだりジャンプしたりするため、横風などで仕掛けがたるむとからんでしまいます。

浜坂漁港のポイント

はっきり言ってしまえば、得にないです。

サビキ釣りをしている場所に、サヨリの大群が押し寄せてくるので、それを狙いましょう!!

【浜坂港内の高ポイント】

あえて、釣りやすい場所をあげるなら、 Bですね。エサがずっとたまりますから、サヨリもぐるぐる回っています。

きれいなウズを描き始めたら爆釣モード突入です。

爆釣法-3連ウキ仕掛け-

一般的にサヨリを釣る方法は、カヤウキのような小さなウキでアタリを取って釣る方法が紹介されていますが、浜坂では違います!

防波堤の外洋に面した部分での釣りとなると、カゴ浮きを使って遠投する必要があります。
浜坂のベストシーズンは、秋口!!港内の鉛筆サヨリ!!です。

浜坂での爆釣法を紹介します。

渓流竿を使った3連ウキ仕掛け

渓流竿とシモリウキを使った仕掛けです。

シモリウキ仕掛けは、海中に沈む部分が大きいため、風の影響を受けにくいことや、海中へ沈めた部分の動きで食い上げや居食いのアタリを取れるというメリットがあります。

渓流竿を使うことで手返しが良く、ライントラブルも少なくできます。
しかし、ポイントが遠くなると渓流竿では対応が出来ないため、コマセを手前に手前に巻きましょう

ま、サビキの延長ですから必然的に手前がポイントになるはずです

シモリウキ仕掛けは3個付けたシモリウキのうち、真ん中の浮きが海面ぎりぎりになるようにガン玉で浮力調整します。おもにこのウキでアタリを取ります。

遠くのポイントを釣る場合には、リール竿を使ってシモリウキの上に飛ばし浮きをつけて対応することもあります。

浮きがシモリはじめたら、あわせるのではなく浮きが走ったら合わせる!!

これが、必勝法です。

コマセ撒き方テクニック

コマセ(撒きえ)は、アミえび←サビキと一緒

サヨリが寄ってくれば足止めしやすいエサです。しかし、ポイントが遠くなると遠投できないので、カゴ浮き仕掛けを使って遠くにコマセをきかすこともします。

コマセは、ほんの少量づつを間隔をあけて撒くのが基本です。

サヨリの姿がみえたらさらに少なくして、コマセを求めて近くに寄ってくるようにします。
重要なテクニック

付けエサ

付けエサは、大粒のアミえび、オキアミの剥き身など針が非常に細く小さいものをつかうので、エサも小さめで針が隠れる程度にします

地方によっては、はんぺんやゴカイで釣るとこもあるようですが、浜坂ではアミえびで十分楽しめます。

釣り方

振り子の原理で刺しエサが先に海面に着くように投げ込みます。

付けエサ→アタリウキの順で落ちるようになれば、いつサヨリがあたってもアタリがわかるし、竿を少し立てるだけでシッカリ針掛りしてくれるはずです

また、手前から流れているコマセと同調するというメリットもあります。(これって釣りではメチャンコ重要なこと)

あたりは、ウキが沈むほかに、横に走ったり、手前に戻ったりします。
ほとんどが、竿を立てるだけで対応できますが、手前にもどってきたときは仕掛けをまっすぐに伸ばしてから合わせる必要があります。
何回かやってるうちになんとなく間隔で出来るようになります。渓流竿の仕掛けは、単純なので竿が体の一部のようになれば、あなたはもう達人?でしょう

ウキが横に走ったときは、走った方向と反対側にあわせを入れましょう!!

とここまであわせについて書いてきましたが、単純に考えると3つのウキがまっすぐになるように引けば確実にアタリが取れる!!ってことです。

これが、3連ウキのいいところ!爆釣間違いなしですね

アタリはあるのに・・・

好調につれていたのに針がかりしなくなったとき
そんなときは、針を確認してください。サヨリの口は堅いため、針先がつぶれていたり磨耗したりすることがあります。

周りは釣れているのに自分だけ釣れないとき
ハリスがよれていないかどうかチェックしよう。

ハリの結び目近くがザラザラと傷がついているときも食いが悪くなります。そんなときは、すぐにハリスを結びなおします。

ポイントが遠くになっている場合、飛ばし浮きの着水音でサヨリが散っている可能性があります。
これらのことは、特別なことをやっているのではなく、常に周りの状況を観察してそれに対応するだけです。これが釣果に大きな影響を与えるのです。