トップ > 防波堤の対象魚

防波堤の魚

防波堤で釣れる魚は実に豊富なことをご存知だろうか?

サビキ釣りに代表される防波堤だが、釣り方やポイントを変えるだけで、いろんな魚が季節ごとに釣れる!
アジからキス、カレイ、どこの漁港にもいます。チヌ、アオリイカ。場所によっては、ハマチや真鯛が釣れるところもあります。

その防波堤の特徴があるので、すべての対象魚がいるとは限りません。
しかし、浜坂漁港は豊富に魚が狙えるいい漁港です。また、季節によって釣るものが違うのも特徴的

春よく釣れていたものが秋には釣れないってこともよく話し。ポイントを押さえることで、釣りたい魚を釣ることができる

その辺をよく考えて以下のページに移動してみてください。

サビキ釣りでアジ

アジ

一番手軽に「サビキ釣り」を楽しめるのは、渓流竿を使ったサビキ釣りです。

盛期に浅場で釣れる場合はこれがモットも効率よく釣ることができます。

からバリで釣ってみたり、簡単にライントラブルを少なく大漁間違いなし!!

振り出し竿にリールをつけるとさらに深い場所まで探ることが出来ます。
しかし、初心者の方はリールを巻きすぎると竿が折れますので、気をつけてくださいね。

写真のように小さな子どもが十分な引きを味わいながら魚釣ってるように見えます。
大人でも竿のしなりだけで魚とやり取りするんで、結構エキサイトしますよ。でも「リール巻きたいって」うちの子供たちはぼやいてました・・・

ウキ釣りのチヌ

もっとも釣りっぽい仕掛けウキ釣りで、チヌを釣ることができます。
尚かつ非常にスリリングでダイナミックなアタリを感じることができるので、この仕掛けを選択することが多いと思います。
簡単なんですがチヌは手ごわい。
初めてのときは意外につれたりしてもなかなか続けて釣れたことがないのではないでしょか?

ウキ釣りの奥深いとこでもあるんですね。

投げ釣りのキス

キス=シロギスは、北海道南部から九州南部にかけて広いはんで釣る事のできる魚なので、全国的に人気のある対象魚。
また、パールピンクにカ輝く美しい魚体と淡白で上品な味でもあり家族にも喜ばれる魚である。

キスは、砂地に生息する魚なので砂浜から投げる釣りのイメージが強い
初夏から秋口にかけては、砂浜=サーフの釣りが中心になる。

そのほかの時期は、意外と防波堤で釣れるキスが多い。しかも、「ヒジタタキ」と呼ばれるような大型キスはこんな場所で釣られる!

投げ釣りのカレイ

投げ釣りの好敵手。カレイ

この投げ釣りは、遠投の必要なし。防波堤でチョイ投げ。これでばっちりです。
この「チョイ投げ」これをキーワードにすると、安・近・楽の三拍子が揃います。
ファミリーやのんびり釣り師のかたには持ってこいの釣り。是非覚えてほしいですね。

遠投の必要なし、エサはアオイソメでOK、しかも仕掛けは市販の投げ釣り用の仕掛けでOK、それでいて手軽で簡単に30センチ以上の大型カレイも良く釣れます。
しかし、コツを知らないと、全然丸ボーズなんてことも。

3連ウキのサヨリ

アジのサビキ釣りにあきたら、サヨリでも釣ってみてはどうでしょうか?なかなか手ごわいですよ

このサイトでは、なかなか針がかりしないサヨリを確実にしかも大量にゲットできる爆釣法を紹介!!

3連ウキ仕掛けでサヨリを大量に釣って家族の中でヒーローになるのは、あなたです。!!

エギングのアオリイカ

最近、話題の「エギング」。エギ(餌木)と呼ばれる和製ルアーを用いてアオリイカを釣ること

九州では、「モイカ」とよばれるように藻場周辺に多く生息するフィッシュイーター(魚を食べる)です。

アオリイカは、漁港や防波堤の周りに多く、比較的簡単に掛かるので人気の高い釣りになっています。
また、イカは食べても美味しく、家族にも人気のある釣り者になっていると思います