実は簡単なブリ大根

ハマチ捌けたら・・・なんでもいける!

姿よし、味よし、釣ってよしの3拍子が揃った魚の王、真鯛。上手く釣って美味しく食べてはじめてその真価がわかるんではないでしょうか。

真鯛は、誰もが知っている白身魚である。新鮮な魚を3枚に下ろした身は淡く朱の色を帯びた感じで虹色に輝いています。しかも、よくいかった身ほど透明感があって歯を押し戻すくらい 弾力がある。この弾力は、「モチモチ」とか「ムチムチ」と表現したくなるほど、身はほどほどに硬いが粘りがあって、歯切れがいいのが真鯛の持ち味。

大ダイは成熟した味、小ダイは清純な味。それを料理法によっていろんなかたちで味わう魅力はたまりません。

刺身で食す

真夏のジャンボイサキ釣ったらこれじゃ

姿形が美しいだけでなくすでに成熟した旨みがあるのが40~50cmクラス。人の年齢にたとえると30代半ばから40代前半、脂が乗り切った期間でいかようにも 料理しても上手い。こういう魚は「生食」がいい。刺身である。オーソドックスに3枚におろした身の腹骨をかき、さく取りしたあと皮をひく。ボリュームのある背側の身を少し大胆に平造り にする。身が薄すぎるとモチモチした歯ごたえがなくなるし、旨みがでないので少し大きめの平造りがいいです。

塩焼きで食す

ポピュラーな料理法は塩焼き

造りが定番料理だとするともっともポピュラーな料理が「塩焼き」ではないか。季節によって尾頭付きのにらみ鯛を味わうこともあるが、いずれにしても塩焼きは、くせがなく淡白な真鯛の身 を、塩という調味料によって味にメリハリをつけ、なおかつ旨みを引き出す料理法である

最もポピュラーな料理であるが、意外に上手く焼けない?なんてことがありませんか?そこしだけコツをつかめばふっくらと美味しく焼くことができます。スミ焼きがいいですが、ガスコンロしか ない。そんなお家でも美味しく焼けるこつを紹介します。釣り師だから、経験したことだから分かりやすく説明しますよ。