基本的なハマチ・ブリのテク

カゴに撒き餌を詰めて仕掛けをブンなげる。潮にのって流れるウキが「ズボッ」と消し込まれ視界から消える。あわせた瞬間に衝撃!!

フカセ釣りを繊細というならカゴ釣りは大胆かつ豪快。
カゴ釣りは、ポイントをダイレクトに狙うことが出来ること。撒き餌とサシエを同調させやすい。釣りです。
仕掛けに撒き餌ようのカゴが付いていてそこからポロポロマキエがこぼれ、その潮下にサシエがあるわけだら、いろいろ考えなくていい!それに狙ったタナにマキエを利かせやすい利点もある。

そんなカゴ釣りの仕掛けの基本形は、「底カゴ仕掛け」である。

サシエとマキエ

サシエは生のオキアミが基本。Lサイズが標準だが、2匹を抱き合わせて使うこともあり。エサ獲りが多い時は、ボイルを使う。

マキエも生のオキアミが基本。オキアミだけの場合とアミえびを混ぜるときもある。ところでカゴ釣りで重要なこと。棚のことp

誘いが重要!

誘いをご存知かな?このテクニックを知ってるかしらないかで釣果を分けることに・・・・

がまかつのイメージは、どんなかんじですか?

人それぞれだとおもいますが、私は幼いころからテレビで「がま磯」とか「がまかつ」といったフレーズを聞いて育ったので、「えらいおっさん(おじいちゃん)が釣りをするのに使ってるメーカー」、地味。
てのがイメージです。自分が釣りをするようになったのは、21歳のころですから、そのときは「渋いタックル 赤と黒の竿 がまかつ。針に関しては一級品。」というイメージに変わりました。

針に関しては、絶対的にがまかつはすごい。といえます。なぜなら金物の町から出ている企業。さらに釣り針からはじまった企業であるからです。
しかし、竿 ロッドに関してはあまりなじみがないので自信を持ってすごいとは、言い切れないのが本音。
でも、えらいおっさんの仕事はすごいよ。がまかつのテスターは全国から選りすぐりのチャンプです。おそらく東大入るより難しいちゃうかって思います(いいすぎか!!)