イサキのカゴ釣り

エッ まさか!とおもったっ瞬間、大きく竿を曲げるハマチやメジロ

ハマチやメジロの一番の魅力は、そのパワーにある!

磯の超特急との代名詞をあたえてもいいくらいパワーとその走りは半端ではない。ヒットした釣り人は、掛けた瞬間、頭が真っ白になる。
もう一つの魅力が、食べても旨いこと。新鮮なハマチやメジロの刺身は絶品で、釣り人の特権と言えるだろう。

磯から高確率で、狙うには「カゴ釣り」が一番だろう!
潮の流れを読んで、オモリの選択を間違えなければ「マキエとサシエの同調」がばっちりできるので、高確率に取り込むことが出来る。

3号から4号の磯竿で少々強引に取り込むくらいがいい。仕掛けはパワー重視、感度や食い込みのことは考えず、ハマチやブリはタナさえあえば喰ってくるそんな魚だ

ハマチ、メジロ、ブリの仕掛け

3号から4号の磯竿。道糸6号。感度は考えることく、仕掛けのパワーを考えた仕掛けが有利。遠投の必要はあるので、スピニングリールと遠投用竿は必須だ。

カゴはナイロン製。クッションつきオモリが使いやすくていい感じ。

つづきはこちら・・・

遠投用磯竿

がまかつのイメージは、どんなかんじですか?

人それぞれだとおもいますが、私は幼いころからテレビで「がま磯」とか「がまかつ」といったフレーズを聞いて育ったので、「えらいおっさん(おじいちゃん)が釣りをするのに使ってるメーカー」、地味。
てのがイメージです。自分が釣りをするようになったのは、21歳のころですから、そのときは「渋いタックル 赤と黒の竿 がまかつ。針に関しては一級品。」というイメージに変わりました。

針に関しては、絶対的にがまかつはすごい。といえます。なぜなら金物の町から出ている企業。さらに釣り針からはじまった企業であるからです。
しかし、竿 ロッドに関してはあまりなじみがないので自信を持ってすごいとは、言い切れないのが本音。
でも、えらいおっさんの仕事はすごいよ。がまかつのテスターは全国から選りすぐりのチャンプです。おそらく東大入るより難しいちゃうかって思います(いいすぎか!!)

目かウロコが的なスーパーメソッド

そんなに重要なポイントはない!いれば釣れる!と思っていどむ、ハマチのカゴ釣り。

釣果を分ける目からウロコ的なスーパーメソッドはこちら