カゴ釣りとは

サシエとマキエ(コマセ)の同調といえば、超理想的な仕掛け

アジのサビキ釣りを考えていただくとわかりやすいと思いますが、必ず撒き餌の中に刺しエサが入るような仕掛けです。 ズボラなフカセ釣りでしょうか!

元々、集魚効果抜群のオキアミの出現に伴い、マキエの届かない沖を攻めるために考えられた磯釣り仕掛けです

回遊魚を対象に釣りをしますので、フカセ釣りのような繊細さがありません!が、情報がすべて、魚がいない場所に流してもだめ
しかし、一度大型ヒラマサの回遊の情報が回ると磯の上は、ゴッタがえします。

難しい、仕掛けは一切必要なくカゴにマキエのオキアミを詰め、ハリスを十分取った針にサシエをつけて流すだけ・・・
その仕掛けが魚が掛かると
ずばばばばばばあばばばばーと走ります

わくわくしませんか?

上物釣りの理想のスタイル

繊細なテクニックを使う「ウキフカセ釣り」と比較して豪快さが際立つカゴ釣り。
フカセを愛好する人には毛嫌いされますが、どうして・・・・
「カゴ釣り」の方が、マキエとサシエの同調がしやすい理想のスタイルの釣りなんです。

釣りのタックルとしても、完成度は高い!

ウキフカセをやったことのある人なら、沖のポイントでマキエとサシエを合わせることの難しさをよく知っているはず・・・
カゴ釣りはいとも簡単に同調できます。カゴが水中ウキの役割をこなすため、仕掛けとマキエが離れることがすくない!

投入したポイントから潮下から釣れるチャンスが広がることになります

ウキフカセの好敵手「チヌ」や「グレ」も・・・

繊細な仕掛けで攻めるウキフカセの好敵手「チヌ」や「グレ」もカゴ釣り仕掛けで狙えるんです。

グレにおいては、少し沖のシモリや本流を直接攻めることができるので、いつもより「良形」が釣れる!
いや!木っ端は釣れない!

たしかに、軟らかい竿で細い仕掛けで攻めるフカセ釣りの魅力は多いにあります。

例えば「半夜釣り」や「夜つり」ではカゴ仕掛けの方が面白いと思います。
少し仕掛けを工夫して、「チヌ」や「グレ」も狙ってみましょう!

外道(アジ、シマアジ、サバ、カツオなど)もお土産

家でお土産を待つ家族にもうれしい外道

カゴ釣りならではの美味しい外道。大型のアジやサバ。ときには、カツオやコマサ、シオ(カンパチの子)など掛かります。

手ごたえ的には物足りないかもしれませんが、美味しい魚であることは間違いない!
是非家族の皆様に持って帰ってみると喜ばれること必至です。


関連サイト

防波堤の釣りを極める

防波堤釣りを極めるとファミリーフィッシングを極めたも当然秘訣はここ

北近畿の海釣り

地元アングラーしか知らない北近畿の海釣りがここに

八鹿病院釣りクラブ

八鹿病院の釣りクラブ「八釣会」の情報はここ

かんたん釣り道場

つりは簡単!この道場入門でバッチシだ