カゴ釣りとは

サシエとマキエ(コマセ)の同調といえば、超理想的な仕掛け

アジのサビキ釣りを考えていただくとわかりやすいと思いますが、必ず撒き餌の中に刺しエサが入るような仕掛けです。 ズボラなフカセ釣りでしょうか!

元々、集魚効果抜群のオキアミの出現に伴い、マキエの届かない沖を攻めるために考えられた磯釣り仕掛けです

回遊魚を対象に釣りをしますので、フカセ釣りのような繊細さがありません!が、情報がすべて、魚がいない場所に流してもだめ
しかし、一度大型ヒラマサの回遊の情報が回ると磯の上は、ゴッタがえします。

難しい、仕掛けは一切必要なくカゴにマキエのオキアミを詰め、ハリスを十分取った針にサシエをつけて流すだけ・・・
その仕掛けが魚が掛かると
ずばばばばばばあばばばばーと走ります

わくわくしませんか?

カゴ釣りの基本こそがスーパテクニック

上物釣り、特にフカセ釣りではマキエとサシエの同調、同調が大事とひつしつこく言われています。
潮の流れを読んで、仕掛けを流し、撒き餌とサシエをあわせる必要があります。目で見える範囲では、仕掛けと撒き餌があっているのが想像できますが、 離れた場所や深くなると合っているのかわからない!?

しかしカゴ釣りにはそんな心配はありません。

カゴ=マキエのタナとなります。当然流れに乗って撒き餌とサシエが合うという仕掛けになっています。 タナが底だろうが、遠くだろうが、同調しやすくなっています。

どうしても合わない場合があります。・・・

  • 強風で道糸が引っ張られる場合。
  • 潮が異常に早い場合。
この2つの場合のときは、少し気をつけましょう。道糸を上潮に載せたり、オモリ負荷を大ききしたりと調整してみた方がいいですね。
また、潮が流れないような場所では、カゴ釣りもお手上げ!休息となりますね。

海の釣りなら潮目は絶対のポイント

潮目とは潮と潮の合流点です。海の中で壁ができたような状態になっていてプランクトンが溜まります。
魚が多いに捕食する場所になるんですね。

またマキエをする釣りなら、必ず沖へ流れていったコマセは潮目で滞留します。マキエが溜まれば、当然魚が集まってくるわけです。
手前で釣れないときは遠投!と安易に遠投するのではなく。潮目を狙いましょう。

ナブラってみたことありますか?

このナブラのしたには小魚が群れています。なぜなら、下から大きな魚が小魚を追いかけていて水面まで上がった現象だからです。
大物がブリやヒラマサかも知れません。イルカやサメかも知れません。でも大物魚であることは確実ではないですか?

潮目は大抵沖にできます。
カゴ釣りなら余裕でその潮目をダイレクトに狙うことができる釣りなんです。払い出した潮が沖の本流とぶつかるような場所に仕掛けを持って行くと ウキが一瞬止まったような感じになる場所があります。これが、潮目のアタリどころなんです。

当然見た目でもよく分かることもありますが、仕掛けを流すと止まるような場所は根気よくせめて見ると大物が掛かる可能性の高い場所です。

潮目では必ず釣れるはけではい!釣れる潮目と釣れない潮目があります。表面からみた状態でこれを見極めるのは難しい。
仕掛けを流すと、潮目にぶつかったときの変化が微妙に違います。何度か流すとそれがわかるので、根気よくつづけてみてください。

大体カゴ釣りに適した釣り場は、潮通しがよく沖になります。
沖ほど手前より障害物が少ないため、流れは速くなります。速い潮ほど長ハリスを取らなければなりません。

長いハリスになれば、潮にしかっりと乗ってサシエを安定させることと、自然な形でサシエが落下しているので、マキエとの同調はよくなります。
ハリスが短いとオモリがすこしでも潮と合っていないような場合では、同調しにくくなるので、釣りにくいことになります。

参考までに、サンバソウをカゴ釣りで釣るときは、ハリスが短い方がいい!潮が思うように流れないときは、思い切ってサンバソウを狙ってみるもの面白いですよ


関連サイト

防波堤の釣りを極める

防波堤釣りを極めるとファミリーフィッシングを極めたも当然秘訣はここ

北近畿の海釣り

地元アングラーしか知らない北近畿の海釣りがここに

八鹿病院釣りクラブ

八鹿病院の釣りクラブ「八釣会」の情報はここ

かんたん釣り道場

つりは簡単!この道場入門でバッチシだ