がまかつの磯竿 リールタイプ

がま磯 カゴスペシャルⅡにあって、遠投ヒラマサにない仕様。
それが、リールタイプである。

カゴスペシャルⅡは、スピニングリールタイプベイトリールタイプが選べるようになっています。

双方のリールにそれぞれ利点、欠点があり好みによって使いわけられているようです。
初心者の方は、スピニングリールをお勧めします。
ベイトリールは、パワーが強く大物に対して非常に強いリールです。
しかし、仕掛け投入時にリール若干のテンションをかけてあげないとバックフラッシュがおきてしまい。
数時間は、ライン修正で終わった・・・なんてことがあります。

初心者の方は、掛けた後の魚のことよりまず手返しを多くして、数稽古しましょう!

がま磯 を利用する方は、こだわりの釣り師なのかもしれません。
それの証拠がこのマニアックな仕様ですね。

  • ベイトリール仕様
  • 6.3mの長竿

スピニングリールとスピニングリール仕様のがま磯

【ガイド】SIC大口径ダブルフィット遠投ガイド使用。

遠投を意識したガイドを利用している。
スピニングリールは、糸はけがよく遠投向けとなるため、この仕様となったのであろう!
しかし、魚が掛かったあとは、リールベールでパワーを溜め込むため、リール自体のパワーは少ない。ドラグ調整が比較的やりやすい。
また、太い道糸を利用すると糸くせも付きやすいことと、長く巻けないといった欠点もある。

ベイトリールとベイトリール仕様のがま磯

【ガイド】SICガイドを使用し理想の調子と感度を実現。

理想の調子が重要視されたロッド。
ベイトリールタイプでは、竿を持ったバランスがよく、魚を掛けたあと非常に有利な形をしている。
一方、遠投性は、スピニングリールのように望むことはできない。

特にあまりベイトタイプを利用したことのない釣り師は、ライントラブルが多くなり、お勧めできない。
ベイトリールは、遠投性が劣るがパワーは強い!最大の特徴です。
また、糸巻き量も豊富になるため、水深の深いタナの釣りにも最適。下巻きの部分は、糸寄れが強くなるため使用できないが、糸巻き量が豊富になるためパワーも上がるリールである。

ベイトリールタイプのロッドもリールの特徴を引き出せる形に完成されている。

がまかつのカゴ釣り用竿 カゴスペシャルⅡと遠投 ヒラマサを比較した。

ヒラマサにこだわり、印象のある一匹にこだわる人は、「遠投 ヒラマサ」。
カゴ釣りをいろんな意味で楽しみたい方は、「カゴスペシャルⅡ」
であると思います。

(モーメントとは・・・)

カゴ仕掛け竿の比較(カゴスペシャルⅡと遠投ヒラマサ)へ

Advertisement

ダイワ トーナメントISO

ダイワの外ガイド磯竿の最高峰。

ダイワ トーナメントvs大島 磯

最高スペックのトーナメントとスタンダードの大島の比較。

がま磯 カゴスペシャルⅡ

がま磯 カゴ仕掛けの最高スペック カゴスぺⅡ.がまかつ仕様

カゴスペシャルⅡ VS ヒラマサ遠投

がまかつのカゴ仕掛け用ロッドを比較。どちらを選ぶ?