カゴ釣り仕掛けの基本

基本は強靭かつシンプルに!

カゴ釣りは対象魚が変わっても、基本的なタックルは同じ。釣り方も同じ。一度覚えてしまえばシンプル。

対象とする魚は強い引きのある魚。強靭さは要求されます。
パワー対策が大事ですからここを押さえておくように。
対象魚ごとの詳細は以下のページに譲るが、最低限のスペックは必要ですね。

合わせて必要なのが、「遠投性」。

遠くに飛ばせれば、チャンスは広がる。遠くに飛ばせるタックルも重要になりますよ!

遠投するということは、仕掛けが絡むとどうしようもない。
シンプルに仕掛けを作ればこれを解消できる。凝ったカゴやサルカン。ましてやカラービーズなどは必要ない。
ライントラブルのない仕掛けが一番!

強靭かつシンプルな仕掛けを心がけよう!理想的な仕掛けはここにある

基本的なタックル

磯竿

大型狙いかつ遠投性が求められるため「専用の竿」が必要です。

磯竿の3~5号がよく使われるサイズ。遠投用に作られている竿は、腰高ガイドとリールシートが違います。 多くのメーカから専用の竿が販売されていますので参考にしてみてください。

中通しも発売されていますが、外ガイドの竿の方がオススメ。遠投性と軽さ。操作性のよさで断然外ガイドです。
長さは5.3mが標準。まずコントロールできる竿を選択すべきです。6.3mやベイトリールタイプは慣れてから移行しよう。

リール

大口径のカゴ釣り専用リールがベスト

フロントドラグが大物とのやりとりに集中できるのでいい。大口径になると重くなるイメージだが、強力な巻き取り力と遠投した仕掛けの回収にも役立つこのスプール は最適!ベイトリールは、慣れたひとでもライントラブルが多いので、なれるなではスピニングリールにしておこう!

ライン

大体5~10号くらいが使われます。 風に弱いPEよりナイロン製が無難です。ハリスは一般的なフロロカーボンでいいでしょう。

ウキ

感度よりも見えやすさを優先して大きなウキを選択しましょう。
遠投性に優れたハネつきウキなども販売されていますが、仕掛けの立ち具合やトラブルが分かりやすい非自立型の中通し発泡ウキか軽い桐ウキが良いかも。
潮のりを気にする人もいますが、カゴ釣りでは大きなカゴが立派な水中ウキとなるので気にする必要ありません。ウキよりもむしろ道糸が仕掛けを引っ張るんですね

形状は、中通し玉ウキ、感つき玉ウキ、棒ウキがありますが好みでかまいません。トラブルの少ないのが中通し玉ウキ、視認性の強いのが棒ウキ。

カゴ

一般的には、着水と同時にポロポロとマキエがこぼれた方が青物を寄せやすいので、ごく普通の大きめ編み目のナイロンカゴがよく使われています。
マダイ釣りには、狙いのタナで一気にコマセが出るロケットカゴが便利です。

長いハリスを使うときに便利なカゴも多く出ていますので利用してみるのもいいと思います

クッション付きカゴオモリ

クッションは本来合わせ切れを防いだり、瞬間的な強引に対抗するためのもの
ハリスを長く取るカゴ釣りでは本来必要のないものですが、仕掛けをシンプルに出来るのでよく使われます。
ライントラブル防止という意味ではいいですね。


関連サイト

防波堤の釣りを極める

防波堤釣りを極めるとファミリーフィッシングを極めたも当然秘訣はここ

北近畿の海釣り

地元アングラーしか知らない北近畿の海釣りがここに

八鹿病院釣りクラブ

八鹿病院の釣りクラブ「八釣会」の情報はここ

かんたん釣り道場

つりは簡単!この道場入門でバッチシだ