←カゴ釣り概要へ

コマセについて→

カゴ釣りの準備

伊豆半島でシマアジを釣る

まず、カゴ釣りをするには、コマセをカゴに詰めます。
シマアジの場合、仕掛けが非常に軽いのでカゴも小さめ。さらにタナも深くないのでこのサイズで十分。

    1.カゴにコマセ(アミえびと配合えさを混ぜたもの)を詰めます。
    2.カゴに半分くらいコマセを詰めることが出来たら刺しえをその中に入れる
リールを巻いて、ウキが竿先にくらいに設定する。
リールのベールを起こして、道糸を指に引っ掛けてオーバスローでポイントへ投げ込む

これで一連の動作が終わり。

流れのあるような場合、仕掛けが馴染むのが遅れることを予想したポイントへ投入するのがベストですね。
シマアジの場合は、棚が浅くわりと近場がポイントになっていますので、それほどシビアに考えることはありません。
投げサビキの延長のようなものです。

投げサビキはこちら

ウキがしずんでアタリが出るまで待ちます。
しばらくしてあたりがなければ、回収して繰り返します。

この動画のポイント

刺しえをカゴの中に挟みました。←これがポイントとなります。

撒き餌をすれば、本命の魚だけだよって繰ればいいですが、エサ取りも好活性となり群がります。
確立よく本命に食わすために、カゴの中にいれました。それは、撒き餌と刺しえの同調
この同調を意識せずに食わすことが出来る  技ですね。
この同調が上層のタナから行われるのではなく、決めたタナにダイレクトに行える!
これが今回のキモですね。

映像でもメジナ(グレ 結構良形)が釣れているところから、同調してるんだなって思いますよね。

釣好師的なコメント

カゴ釣りは楽でええなー

エサについて・・・今回の動画では、撒き餌はアミえび+集魚剤。
これは、釣好師的にはおすすめできない!

なぜか・・・・

基本的に私の場合、シンプルイズベストなんです。刺しエサと撒き餌は同じものをモットーにしてます。
集魚剤を使うことで魚の活性はあがるんですが、えさ取りの活性も上がる!さらに、撒き餌と刺し餌のアクションが違うのでやめた方がいい!
特に日本海のカゴ釣りでは、深タナが多くなります。たとえば、10ヒロであったり12ヒロであるのは普通です。
ヒラマサのような青物で6ヒロというところだと思います。そのタナに集魚剤が入るとカゴ釣りでは釣れないなーってのが私の感想です。

いや!こだわりを持って挑むというかたは挑戦されてはどうでしょうか?いい方向に転がったなら一度メールください。

Advertisement

カゴ釣りの動画1

とりあえず、投げてみ!なんかつれた!

カゴ釣りの動画2

カゴ釣りのカゴと撒き餌はこんな感じ

カゴ釣りの動画3

カゴ釣りの仕掛け。そろそろ入食いか?

カゴ釣りの動画4

入食い状態をバラスなよ