←カゴ釣りの流れへ

仕掛け(リール)について→

カゴ釣りのコマセ造り

シマアジの場合は、固め

今回のコマセ(撒きえさ)は、アミエビと集魚剤(グレ用)を混ぜたものを使用しています。

シッカリと棚まで撒き餌が届くように固めにするのがコツだとか。波が大きいときには固めといっています。
カゴ自体の仕掛けは、ウキの付いた反転カゴや天秤を使った方法があります。
しかし、シマアジではそんなに影響がない。それよりもむしろえさ取りに刺しエサを獲られない様にしっかりとかごのなかに詰めましょう。
気持ち大きめの方がいのかなぁっておもいますが、シマアジだけがターゲットではないので、それが「カゴ釣り」の魅力です。

オキアミを混ぜないか?と聞かれていますが・・・混ぜないと・・・
なぜでしょうかな。刺しえは、オキアミなら撒き餌も刺しえと同じ方が絶対にいいと思うけどな

この動画のポイント

かごの位置を見てください。

小さなカゴが重りからハリスを取り若干仕掛けから離れるようにセッテングします。これが今回のポイント。

カゴが仕掛けと絡んでしまえば刺しえと撒き餌の同調が出来ません。このハリスのお陰で仕掛けは巻きつくことなくポイントへ直接投下できます。
さらにいいますと、いまいい道具ができてるんですね。ドラゴンカゴこれ優れもんですよ。
是非体験してほしい。長いハリスが使えるいいツールです。

釣好師的なコメント

カゴ釣りは楽でええなー

カゴについて・・・今回の動画では、めちゃ小さめ
これは、釣好師的にはおすすめできない!

なぜか・・・・

日本海の釣りを行う際、パート1でもいったように集魚剤は使わずに、撒き餌と刺しえを同じものを使います。

そのとき、カゴが小さいものにぎゅうぎゅうに詰めたコマセはなかなかでてこないですね。
決まったタナでコマセが利かない。というのはポイントがずれてしまって好釣果かほど遠くなります。
それなら、少し大きめのカゴで挑戦しお手見ればいい。シッカリとたなでエサがでるのでポイントのずれはない!
さらにいいことは、撒き餌が残っていないので回収中にポロポロとオキアミが流れでない。ピンポイントをなくすことになります。

Advertisement

カゴ釣りの動画1

とりあえず、投げてみ!なんかつれた!

カゴ釣りの動画2

カゴ釣りのカゴと撒き餌はこんな感じ

カゴ釣りの動画3

カゴ釣りの仕掛け。そろそろ入食いか?

カゴ釣りの動画4

入食い状態をバラスなよ