←カゴ釣りのコマセへ

カゴ釣り最終章(入食い)→

カゴ釣りの仕掛け(リール、ウキ、針)

シンプルなものがオススメ

シマアジを狙う仕掛けだから、というわけではないですが基本は一緒です。
シンプルなものが一番だと思います。

リールは、ベイトタイプ

ウキは、発砲ウキ

シマアジが回ってきたのか少しづつ掛かりはじめました。シマアジはばらしただめのようです。
バラスと後がつづかなくなるとのこと。でもまだ本調子になってません。
入食いには、まだまだのようですね。

この動画のポイント

仕掛けについて

リールは、ベイトタイプを利用しています。慣れている人はいいと思います。パワーが強いことと糸よれが出来難い。といいことが多いベイトタイプ。 しかし、慣れてない方はバックラッシュのようなライントラブルが置きやすいこのリール。初心者のかたはスピニングリールをオススメしますね。

楽しい釣りでライントラブルほどいやなものはありません。また、カゴ釣りはコマセで魚を寄せて釣る釣りです。
ライントラブルの間に魚の群れが離れてしまうとあとが続きません。出来れば複数の方で連続してポイントに入れるようなことができれば最高です。

釣好師的なコメント

カゴ釣りに必要な要素。シンプルイズベスト

カゴ釣りは、大きな仕掛けを遠投して、回収してをある程度繰り返す釣りです。仕掛けに水中ウキやパイプやらといろんなものが付いているとライントラブルの原因になります。
また、シンプルな仕掛けの方が魚のアタリがわかりやすい。というよりカゴ釣りはダイナミックな釣りなのでアタリは明確にでます。
しかし、ここで注意がひつようです。対象魚にあった仕掛けを用いるということ。

通常その場所では、30cmくらいの鯛しか釣れていないような場所なのに、大型のヒラマサがくるかも知れない!なんて考えて大きなウキとおもり、ハリス10号なんてことをすると30cmの真鯛のアタリが分からなくなり 自分の仕掛けがうまくうみの中でタナが取れているのかさえ分からなくなります。

仕掛けの大きさは、対象魚に合わせた感度のいいものを用意しましょう
Advertisement

カゴ釣りの動画1

とりあえず、投げてみ!なんかつれた!

カゴ釣りの動画2

カゴ釣りのカゴと撒き餌はこんな感じ

カゴ釣りの動画3

カゴ釣りの仕掛け。そろそろ入食いか?

カゴ釣りの動画4

入食い状態をバラスなよ