←カゴ釣りの仕掛け(リール)へ

カゴ釣り動画(トップ)にもどる

カゴ釣りの・・・

入食いになったらどうする?

シマアジを狙う仕掛けだから、というわけではないですが基本は一緒です。
シンプルなものが一番だと思います。

メジナ(グレ)やシマアジをカゴ釣りで狙うには・・・一定のポイントに流してやること。基本ですが、撒き餌の流れを作って同調させること。
これが、爆釣への近道です

さー入食いになります

一度、活発になると水面近くまで食いあがってくる。これは、シマアジもメジナも一緒ですね。
数釣りは保障できます。ここのポイントは、ばらさないこと。
バラスとせっかくの群れが分散してしまいます。一定のテンションを保ったまま寄せてきます。

ポンピングハは禁物ですね。

最後に美味しそうな「刺身」。釣好師も刺身大好きです。とくにシマアジは、甘く格別です。

釣好師的なコメント

カゴ釣りに必要な要素。寄せ方。

動画のなかで寄せてくるときは、一定のテンションで!!といっています。これは、シマアジだから・・・シマアジはアジと同じで口がやわかい魚です。
強引に寄せてると口が切れてばれます。ポンピングも同様の理由で禁ですね。

もうひとつ釣好師ポイント。

竿の角度です。これは素人時代のわたしがベテランの先輩から教えていだいたことです。
竿をある一定の角度をもって魚と対応していれば必ず取れるから、竿を立てなさい!と。これ体験した人だけがわかりますが竿の力はすごいですよ。
道糸やハリスもよくなっていますが、まっすぐになった糸は簡単にぷつと切れやすい、弱い。しかし、竿の弾力で(5m以上の竿)溜めた場合、ほとんど切れたことがない。(ハリスに傷がないこと限定ですよ)
これを信じてやりとりをするときは糸を見るのではなく竿の角度をしっかり見たほうがいいですね。慣れてくるとこの竿のまがりが堪らなくなってきます。

断っておきますが、これは小型クラスのときだけ。大型のヒラマサなどは瀬際の対応がこれとは違います。竿を立てるんじゃなく「寝かす」これで竿の角度を保つんです。
これは、なかなかできない!とくに大きな魚ときはパニクルね。

Advertisement

カゴ釣りの動画1

とりあえず、投げてみ!なんかつれた!

カゴ釣りの動画2

カゴ釣りのカゴと撒き餌はこんな感じ

カゴ釣りの動画3

カゴ釣りの仕掛け。そろそろ入食いか?

カゴ釣りの動画4

入食い状態をバラスなよ