剛弓 マダイ/ヒラマサ 遠投(山陰限定)

こだわりのマダイ・ヒラマサ遠投派へ。
飛び&パワーに優れた「剛弓 マダイ/ヒラマサ 遠投」 (山陰限定)

カゴ仕掛けのロッドは、比較的大胆な竿が多い。

釣り自体も、オーソドックスなシンプルな釣りとなる。
ドボンと仕掛けをポイントに投げ込み、ウキがスッパ!と消しこむ。
そのあとは、大物との力と力の勝負だ。

しかし、一見ズボラな釣りっぽく見える釣りにこだわりを持っている釣り師は、多い。
そこで、この「剛弓 マダイ/ヒラマサ 遠投」ロッドはそのこだわりの方へ送る一本。

真鯛仕掛けは、長竿が昔から好まれる傾向がある。そこで、ラインナップに6.3mがそろえられた。
また号数がチューと半端な3.5号。こだわりですね。

ヒラマサロッドは、4.5号。
釣好師的には、これはいい!!と思ってます。重さや使いやすさと強さのバランスを考えられたロッドだと思います。
これは、是非使ってほしいこの一本です!

ダイワロッドへの思い

山陰限定で、このロッドが出たのは非常に山陰ではカゴ釣りが盛んに行われるからなんでしょうか?
また、真鯛をカゴ釣りで狙うのも山陰(特に島根方面)ではごく当たり前に行われています。

隠岐の島へ遠征にでかけた時、当地の釣具屋さんではじめて見た仕掛けがありました。「タルカゴ」です。
どのようにして使うかもわからなかったですが、後に本などで調べると・・・
ものすごく合理的に磯から完全フカセを実現できる仕掛けだったのです。

しかし、その釣法にはかなりの遠投技術が必要で、底カゴを使ったカゴ釣りのように真似することが出来なかったことを覚えています。
なぜか?

それは、2mを越すハリスを片手に持ち、竿を遠心力を使ってタルカゴ仕掛けをポイントに投入する。
この一連の動作をスムーズに行うための竿捌きが高度な技術だからです。

少し、話を戻します。
そこで、開発されたのが、剛弓 マダイ/ヒラマサ 遠投(山陰限定)なんでしょうか?

オーバースイングしなくてもサイドスローでも遠投できるこのロッドは、山陰にもってこいだと思います。
ダイワのロッドの特徴である、ロッドの硬さ(穂先までビーン)がカゴ仕掛けを扱うのにライントラブルが少なく、はじめたばかり釣り師のかたには受けがいいんじゃないでしょうか?そこそこ釣りもできるようになれば、この硬さが好みで好きになったりいやになったりしてくるとおもいますが・・・

釣好師的には、この限定ロッドは興味深々ですぅ

竿の反発をより多く利用するためボディ全体を細身・肉厚化。 さらに、重めのカゴに負けないように、穂先を太くした仕様。 オーバースイング投法ができない磯場でも手首をうまく使うサイドスロー的スナップ投法で胴に乗せて遠くへ飛ばす独特の投法が可能です。
剛弓 マダイ/ヒラマサ 遠投(山陰限定)
  • 軽さと強さを両立する高密度HVFカーボン
  • 1ピース感覚の曲がりと節部でのパワーアップを実現させたV-ジョイント構造
  • ガイド合わせライン
  • 品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 標準自重(g) 先-元径(m/m) 錘負荷(号) 適合ハリス(号) カーボン含有率(%) 価格
    マダイ3.5-53遠投 5.30 5 119 320 1.9-25.4 5~15 3~8 99 ¥64,000
    マダイ3.5-63遠投 6.30 6 119 415 1.9-26.6 5~15 3~8 99 ¥72,000
    ヒラマサ4.5-53遠投 5.30 5120 365 2.5-25.7 10~20 4~10 99 ¥65,700

    関連サイト

    防波堤の釣りを極める

    防波堤釣りを極めるとファミリーフィッシングを極めたも当然秘訣はここ

    北近畿の海釣り

    地元アングラーしか知らない北近畿の海釣りがここに

    八鹿病院釣りクラブ

    八鹿病院の釣りクラブ「八釣会」の情報はここ

    かんたん釣り道場

    つりは簡単!この道場入門でバッチシだ