ランカーサイズのメバル

ランカーサイズ(30cm以上)のメバルの引きはヒラスズキより凄い!

メバルはやさしい魚。1匹2匹釣ろうと思えば、それほど難しくない。
波静かな内湾の夜の漁港へ釣行すれば、愛くるしいメバルを手にすることができる。
しかしながら、たくさんメバルを釣りたい!サイズアップしたメバルもとなると俄然状況は変わってくる。

メバルが多く集まる場所。大きなサイズが集まる場所を吟味しなければ釣果は望めない。
タックルやメソッドもしかりだ。

たかが30cmと馬鹿にされる方もおられると思うが、30cmを超えたメバルに出会ったことのある人は、もうその魅力にとりつかれてしまう。

想像をはるかに超えるスピードとパワー。それは、新たなターゲットと考えてもいいくらい格段の差を感じると思う。
同じサイズならシーバスよりも引くといわれるメバルだが、ランカーメバルは、同サイズのヒラスズキより速い。
掛けた瞬間に藻場へ引き込もうとするので、はじめて体験をした人は、何も出来ずに惨敗するケースが多い

当サイトは、そんなランカーメバルと出会い戦うためのサイトです。
また、但馬の磯場には未開発なランカーメバルのポイントが多く存在する。
このサイトを読んだあなたが、この釣りを実践し経験することで新たな釣りが発掘される可能性が高い釣りです。
アングラーたちの健闘をたたえます

まずはメバリング

メバル

最近はじまった「メバリング」どんな釣り方があるのか考えた。

意外に簡単に1匹2匹は釣れる。そんなことからはじめるアングラーは多い。
しかし、数をつりたいとか大物もというと、これが結構難しく奥の深い釣りである。

また、未開発な部分が多き「メバリング」。
そえゆえに、高度なテクニックだけを追いかけてしまい、知識のないままアングラーも多いと思われる。
そんな迷えるアングラーにメバリングの基礎を紹介する。

重要ポイントチェック

  • ポイント選び
  • タックル選択
  • テクニック
の3点が基本になる。

これから始めようとする人はまず、夜の内湾の漁港から始めるといいでしょう!
それも、常夜灯周囲

最近、人気が出てきた「メバリング」のせいかどうかは分からないが、サイズはそんなに望めないにしても「メバル釣り」の王道であることに間違いない。

常夜灯の下で、バイトを感じフッキングできる技術を習得されたら、ランカー狙いに行くのもよし!数釣りをするのもよし!
まずは、基本をシッカリ覚えてほしいと思います。

また、私のようにエサ釣りからルアー釣りへ入った人の場合、ルアー用語に多少踊らされる。
そんなアングラー(=釣り師)にも分かりやすくするためなるべく用語を解説しながらサイト運営を行うと思ってます。
基本となる「メバリング」はこちらから・・・

ランカーメバルのメバリング

常識越えのランカーゲーム!ラインブレイク間近!! ランカーメバル

30cm越のメバル(ランカーメバル)を体験すると、ほとんどの人がメバリングのイメージを一変する。
いままでのサイズのメバルとは比較にならないくらいの「パワー」と「スピード」。
ターゲットが変わったと認識した方がいいだろう!

掛けた瞬間から、一気に藻場やストラクチャーに引き込もうとするため、初めて経験した人は何もすることなく惨敗する人が多い。
一瞬の躊躇でストラクチャーにひっぱられ、ラインブレイク。
強烈なファイトにタックルが付いていけず、フックやスプリットリングが伸ばされ、やっとの思いで足元に浮かせても重すぎて引き上げられない。

多くのアングラーは逃げられたあとに、ランカーメバルを意識するようになる。
たかが、30cmのメバル。されど30cmのメバル。釣った人でないとこの意識は生まれない!

但馬海岸・・・そこは、メバルアングラーにはまだ未開発な磯が多く存在する。

内湾の穏やかな海で釣るイメージの「メバル」。ランカーサイズは、そんな王道から外れた場所に潜んでいる。
但馬海岸の磯でそんな「ランカー未開発地帯」を探ってみようと思う。

ランカーメバル対策

  • ランカーサイズの潜むポイント
  • ランカーサイズのためのタックル

ランカーサイズに必要な心構え、一度ブレイクされないと本腰にはならないでしょう!
一度切られることが、一番勉強になるかもしれません(爆)

ランカー狙いのページはこちら・・・