メバリングのスーパーメソッド

リグは千差万別

最近、流行の「メバリング!」ごく簡単(安い)仕掛けで始められることと意外に簡単に掛かることから多くの方がはじめられているようです。

ほとんどがワーム(いもむしみたいなゴム製のルアー)を利用した釣りが主流になります。
そのワームを針で固定して釣るスタイルを「リグ」といいます。この「リグ」は千差万別。非常に多様して使うことが出来ます。
まだ、未開発な部分の多い「メバリング」。そこは、応用すれば爆釣!ではなく。基本をシッカリおさえて「ランカーメバル」をつりましょう!

実は、ワーム自体非常に多い。・・・すごいです!
好みの物を選んでください。(すいません出だしから適当で)

色・・・「夜光」、「クリア」、「スモークカラー」「真っ黒」と豊富にあるので好みのものをいくつか買えばいいと思います。

ワーム以外のものでは、ミノーメタルジグトラウト用の小型スプーンでも釣れます。
かなり大きなミノーでも釣れるには釣れますが、メバルがターゲットなら5cm以下の物がよく使われます。

でも、王道はあります。やっぱり「リグ」が確実ではないでしょうか?
このページでは、メバル釣りで多様されるジグヘッドリグ。次にスプリットショットリグフロートリグを紹介します。

ジグヘッド

ジグヘッド

ジグヘッドはワームをセットしてラインに直結するだけなので手軽にメバル釣りを楽しめる。
使われるのは0.8~3gぐらいのメバル専用の軽量ジグヘッド。ジグヘッドはメバルのレンジやサイズ、活性によって自重を使い分けるが群れが表層近くに浮いてくるとき、あるいは渋い状況であれば抵抗なく捕食できる軽いものが有利。
おもに常夜灯下狙いなど、近距離にメバルがいるポイントで効果を発揮する。2gぐらいの重めのジグヘッドは距離を稼ぎたいとき、深場を攻めたいときに使う。

スプリットショットリグ

スプリットショットリグ

スプリショットリグは、食わせに適したリグで低活性のメバルに非常に効果的だ。システムは簡単。
メインラインの先端に専用のシングルフックを接続。そこから30cmほど上にスプリットショット(ガン玉)をセットすれば完成。
ショットから下はフックとワームの自重だけ。つまりその部分に負荷が掛からずフリーになる。
ワームを潮の流れと同調させやすいから、自然に漂わせることが可能になるのだ。

ジグヘッドだとなかなか食い込まないメバルが相手なら、劇的に効果を発揮するリグといえる。数にこだわる釣りが目標なら、現在のところスプリットショットリグが最強だ。

フロートリグ

フロートリグ

ここ数年で一気にブレイクしたのがフロートリグ、その名の通り、フロート(ウキ)を使ったリグ。
多くはメインラインにフロートを通してリーダーを30~70cmほど連結し、シングルフックを結ぶというもの。

トレース距離が長さを生かすことで、テトラ帯や磯場、海藻帯など大場所では必殺のリグとなる。
また、フロートの先がスプリットショットリグと同じくフリーなので、メバルに違和感を与えずに喰わせることができる。
食いが渋いときは、130cmほどのロングリーダーにすることでよりナチュラルにワームを漂わせられ、貴重な一匹を仕留めることも不可能ではない。

メバリングの基本テクニック

微妙な潮の流れを読み取れば勝ち

リグの種類に関係なく、テクニックの基本は3つ。

  • メバルのいるレンジを見つけること。
  • スローにトレースすること
  • 余計なアクションを極力つけない

これで大部分のメバル釣り(メバリング)は成立する。

カウントダウンメソッド

カウントダウン

キャスト後のカウントダウンからのスロートレース。表層からレンジを下げて探っていくことににより、メバルのいるレンジを探し出す。

カーブフォールメソッド

カーブフォール

ロッドを立てたまま着底を待つだけでルアーは前レンジを通過し、弧を描くようにフォールしていく。
その過程でバイトがあれば、あとは同じことを繰り返せばいい。

確実にメバルのいる層にルアーを流せる。
流れのあるポイントであれば、把握したレンジにリグやルアーを送り込んだ上で、流れに馴染ませるのもかなり有効。
数を伸ばす釣りなら、これらの方法を覚えておけば、どこでも対応できる。

ただバイトがあっても、なかなかフッキングしないこともある。そんなときは、リグの自重を軽くするか、ワームサイズを小さくする。
これだけでヒット率はアップするはず!
それでもだめなら、フックにこだわってみる。ファインワイヤーの半スレフックならフッキング率は抜群。
反面、数匹釣るとフックポイントが鈍るので、フッキングが悪いときは新品に交換すれば解決することが多い。

ランカーを狙うスーパーメソッド

こんなポイントには、20cmを超える中、大型メバルが多く、ボトム付近がヒットレンジになる傾向が強い。
そのため、あえてボトム狙いにこだわりたい。ボトムをズル引くのではなく、ボトムより少し上のレンジをスローでトレースする。
特にテトラ際や海藻帯など、どこにメバルがいるかわからないようなスポットでは、このボトム攻めが有効になる。
また根回りなどのピンスポット狙いでは、直接ルアーをストラクチャーに打ち込むのではなく、少し速めに着水させてリトリーブすれば自然に喰わせられる。
フロートリグならリトリーブをストップさせ、カーブフォールでピンスポットに落とし込むのも効果的!

Advertisement

メバリングのタックル

メバリングするならこのタックルを!専用タックルはいい!

メバリング専用ロッド

メバリングするなら専用ロッド

シマノ メバル専用ロッド

シマノの専用ロッド。ソアレ オシア&オシア30

メバリング専用リール

メバリングするなら専用リール。これで釣果倍増計画!