メバリングの絶好ポイント

メバルゲームは、ポイント選びが決めて!!


サイズはともかく、数釣りを楽しみたい。
そんなアングラーが狙うべきポイントは、内湾にある漁港の常夜灯下周辺。

現状、常夜灯狙いはポピュラーであり、ピュアなメバルは少ないかも知れない。
サイズもアベレージより小さいかもしれない。
でも!どんなにひとが多くてもそこにメバルは確実にいる!実際釣れている!

食わないはずの”見えメバル”でさえも潮が動き出せば、爆釣モードに突入することもある。
近年のメバルゲームブームにより厳しい状況にさらされているとはいえ、常夜灯下は数釣りの王道だ。

アングラーのテクニック次第、タックル次第で数に差が出るポイントこそ常夜灯周辺といえる。

一方でメバルは漁港だけでなく、磯、ゴロタ場など各所に広く分布している。
目の前に群れているメバルを狙うのが数釣りであるとすれば、近年急速に開拓されたのが、サイズアップしたメバルを狙い打つ釣り。
群れる必要のなくなった20cm以上の中、大型メバル(ランカーと呼ばれる)の行動にあわせた釣りがそれだ。

メバルの基本的なポイント

メバルはよく群れを作って行動します。
その群れに当たれば、ボロボロに釣れまくります。群れで行動をするということは、全く釣れない場所もあるということ。

メバル釣りは場所を探りながら釣るスタイルです。

ポイントは、もちろん障害物のある場所
沈み根周辺/沈み根に囲まれた海溝/カケアガリ/捨石周り/基礎ブロックの隙間、穴/防波堤先端のカーブなどがポイントになります。
夜釣りなら港内の常夜灯の周りにも寄ってくることがあります。
障害物(ストラクチャー)があって灯りがあるような場所では、絶好のポイントです。

ランカーは群れで行動しません。勇気を持って暗がりのストラクチャーを狙うと興奮せずにはいられない釣りが!

  • 常夜灯の近く
  • 潮通しのいい場所
  • 藻の中
  • カケアガリ
  • 沈み根、スリット
  • 消波ブロック

ランカー狙いには、ピンポイントで狙う技術が必須!!

Advertisement

メバリングのタックル

メバリングするならこのタックルを!専用タックルはいい!

メバリング専用ロッド

メバリングするなら専用ロッド

シマノ メバル専用ロッド

シマノの専用ロッド。ソアレ オシア&オシア30

メバリング専用リール

メバリングするなら専用リール。これで釣果倍増計画!