ランカーサイズのメバル!

常識越えのランカーゲーム!ラインブレイク間近!!

30cm越のメバル(ランカーメバル)を体験すると、ほとんどの人がメバリングのイメージを一変する。
いままでのサイズのメバルとは比較にならないくらいの「パワー」と「スピード」。
ターゲットが変わったと認識した方がいいだろう!

掛けた瞬間から、一気に藻場やストラクチャーに引き込もうとするため、初めて経験した人は何もすることなく惨敗する人が多い。
一瞬の躊躇でストラクチャーにひっぱられ、ラインブレイク。
強烈なファイトにタックルが付いていけず、フックやスプリットリングが伸ばされ、やっとの思いで足元に浮かせても重すぎて引き上げられない。

多くのアングラーは逃げられたあとに、ランカーメバルを意識するようになる。
たかが、30cmのメバル。されど30cmのメバル。釣った人でないとこの意識は生まれない!

但馬海岸・・・そこは、メバルアングラーにはまだまだ未開発な磯が多く存在する。

内湾の穏やかな海で釣るイメージの「メバル」。ランカーサイズは、そんな王道から外れた場所に潜んでいる。
但馬海岸の磯でそんな「ランカー未開発地帯」を探ってみようと思う。

ランカーメバル対策

ランカーメバルを狙って釣るとなるとそれなりの知識と覚悟が必要になる。
とはいっても、「メバル釣り」でいきなり強靭なタックルで!という人はまずいないと思います。
防波堤からのメバリングでは、なかなか経験することはありませんがフィールドを磯場に移してトライしてみるとこれが驚くような引きに出会うことがあります。

磯場の海中は非常に起伏に富んでおり、ラインも傷が付きやすく先手をとられたらブチッなんてことがざらになります。

また、隠れた好ポイントが足元から広がります。
磯からメバリング試してみる価値があると思います。

ランカーサイズの潜むポイント

メバルでも、ことランカーサイズに的を絞った釣りをしてしまうと、一か八か、出るかあぶれるか、というシビアな釣りを覚悟しなけばならない。
ランカー級を育める一級エリアの中で潮位や潮流などが最高の条件を備える時間帯を絞ってアプローチしてこそ、はじめて出会える難易度の高い魚なのだ。

シーズンにもなると、タイドグラフと天気図を睨みつつ、今日か明日かと胸を躍らせることになる。
しかしそれとはウラハラに結末はあっけないほどすぐ訪れる。
ほとんどのランカーメバルは、アングラーも気持ちの準備ままならぬ最初の1~2投でルアーを襲い、一瞬のすきを付いてストラクチャーへと潜むりこむ。
それ故にこの釣りでは最初から極めて高い集中力が要求される。さらにランカー級は概ね常夜灯などない暗闇を好む。
視覚の閉ざされたアングラーの五感は鋭さを増し、想像力はいやがおうにも掻きたてられる。

相手は小さな魚でしかないが、精神的高揚は他のライトゲームでも類を見ない。
その高揚=癒しを求め、夜な夜な彷徨うアングラーが急上昇中だ。

つづきはこちら・・・

ランカーサイズのためのタックル

30cmオーバーと渡り合うといっても、基本的にはメバルゲームの範疇でタックルで考えるべきこと。
ライトなシーバスタックルで9cmのミノーやバイブを引いてランカーメバルが喰うパターンもあろうが、苦なく抜きあげられるようなタックルではメバル独特の繊細なゲームの魅力をスポイルしてしてしまう。
最先端をいくランカーメバルハンターの感性には、「繊細な操作性を損なうことなく、30cm超えとスリリングに勝負できるタックル」というものが、一番ツボにはまろう。

つづきはこちら・・・