メバリングに必要なタックル(道具)

ULロッド&1000番リール。フロロ~3lb.が基本。

常夜灯の周辺で数つりを楽しもうと思えば、大げさなタックルはいらない。
必然的に相手は小型のメバルとなるため、繊細なタックルが必要となる。
もちろん1匹や2匹釣るだけなら、流用品で十分。

しかし、数を伸ばそうと思えば簡単に思えたメバルが手ごわくなる。
ここっとバイトが伝わってきてもフッキングしないという事態が発生するのだ!
小型のメバルは口が小さく、動きも早い。その上ついばむような食い方をするときもある。

こうなってくると専用のタックルが必要となる。

数釣りや大物釣りになると専用のタックルはホントいい!!
まず、はじめたい!
こんな人は、ホント流用品でいいんですが、できれば釣りを始めるにあたって「釣りを知ってる」人のタックルをまず借りてはじめてほしい!

最初から専用ロッドや専用リールを買え!とはいいません。
たしかに流用品でもできます。でも、初めて出会う釣り物の感触がこのファーストインプレッションから始まることを考えると
ライントラブルやバラシのような、不快となる流用品は避けてほしい!

まずこんな釣り!って感じてもらいたいのと ほんと楽しいんだ釣りは!ってのを感じてほしいので、できるだけ使いやすい道具(タックル)を使ってください。

メバリングのロッド

好みが分かれるとこだと思うが、専用ロッドというものが出始めている。
爆釣モードの時は、どんな竿でもいい!

これは結論なんですが、タフコンディションでは専用たる所以。専用ロッドがいい!

バイトはあるのに針掛りしないメバルのときは・・・

こんなメバルに対しては、食い込みのいいロッドが断然有利。

メバリングのリール

小型のローギアモデルが使いやすい。

リールは、ライントラブルも少ない小型が使いやすい。
現状では1000番がベストマッチと言える。サイズ狙いの大場所は別であるが、とくに常夜灯下では絶対的。

小型メバルは一定のレンジで群れていることが多く、そのレンジを的確にルアーやワームが通るようにしなければ、なかなかバイトしてこない。
仮にメバルが低活性だとしても、スローに動くルアーなら口を使う可能性が高い!

メバリングのライン

ラインはフロロカーボン製の3lb.が基本

ナイロンと比べて伸びが少なく感度がいいし、根ずれに強いためにイザというときに頼りになる。
さらに感度を高めたいなら、エステルを編みこんだPEもおすすめ。