メバリングのライン

ラインはフロロカーボン製の3lb.が基本

基本的なラインは、ナイロンと思われるが、メバリングにはフロロカーボンがいい!
フロロカーボンは、ナイロンと比べて伸びが少なく感度がいいし、根ずれに強いためにイザというときに頼りになる。
さらに感度を高めたいなら、エステルを編みこんだPEもおすすめ。
比重が水に近くてなじみがいいため、リトリーブでもレンジを外しにくい。
メバルのいるレンジをシッカリキープしてくれるのも利点と言える。

ラインを選ぶときに気になるのが太さ。

何号?何ポンド?lb?と単位が異なる。強度はそれぞれ違うし、性質も異なる。
ナイロン、フロロカーボンでは、何号と何ポンド(lb)の両方で表現される。相関関係はこちら。
PEは~号。ヨリ糸なので細くても非常に強い。ナイロンなどの3倍くらいと考えればいい。
ナイロン3号クラス=PE0.8号である。

lb(ポンド)と号数

ポンドってのは、もともとイギリスの商人が使っていた「重さの単位」
具体的には1lb(ポンド)が約450gです。

何で釣りにlb(ポンド)が使われているのか?
国際釣魚連盟の基準が、何kgの魚を何lb(ポンド)のラインで釣ったかで競技の勝敗が決まるからのようです。
ポンドの基準は切って切れないみたいですね。

ナイロンとPEラインの号数 vs ポンド(lb.)

ナイロンラインでは、号数(太さ)の4倍がlb(ポンド)数です。
要するに1号は4lb、2号は8lbと言うことです。

PEラインでは、号数(太さ)の10倍がlb(ポンド)数です。
0.6号だと6lb。0.8号だと8lbと言うことになります。

ナイロンラインの号数とポンド(lb.)

号数 0.8 1 1.5 2 2.5 3
lb.(ポンド) 3lb. 4lb. 6lb. 8lb. 10lb. 12lb.
強度(kg) 1.4 1.8 2.7 3.6 4.5 5.4
直径(mm) 0.148 0.165 0.200 0.235 0.260 0.285

PEラインの号数とポンド(lb.)

号数 0.6 0.8 1 1.2 1.5 2
lb.(ポンド) 6lb. 8lb. 10lb. 12lb. 15lb. 20lb.
強度(kg) 2.8 3.6 4.5 5.4 6.8 9.1

注意!!
各釣具メーカーごとに、号数ごとのlb(ポンド)は違います。
PE0.8号で8lbのラインを作ってるメーカーがあれば、
PE0.8号で10lbのラインを作っているメーカーもあります。

フロロカーボン製のライン

  • 感度が良い
  • 水に沈む
  • 値段が若干高め

ワームを中心とした釣りをしようと考えるなら、フロロカーボンが良いでしょう

ナイロン製のライン

  • 値段が安い
  • 日光(紫外線)により劣化します
  • 伸びが多い
  • 水に浮きます

伸びは、感度の悪さにつながりますが、一方でこの伸びによってラインブレイクを防ぐことが出来る ライン自体が浮力を持っているので、浮くタイプのルアー(フローティング) を使用する時には向いていますが、逆に沈むタイプのルアー(シンキング) や、浮きも沈みもしない(サスペンド)ルアーを使用する時には不向き。

PEライン

  • 細くて強い
  • 伸びが非常に少ない
  • 値段がかなり高め

クセの強いラインなので、初心者には、あまりお薦めできません

Advertisement

メバリングのロッド

メバル専用のロッドならここから

メバリングのライン

メバル専用のライン。その前にナイロン、フロロカーボンを見直す。

メバリングのルアー

ワーム、プラグ、メタルジグ・・・