メバリングに必要なロッド

食い渋るメバルには、ソリッドタイプ!フッキング好みは、テューブラータイプ

好みが分かれるとこだと思うが、専用ロッドというものが出始めている。
爆釣モードの時は、どんな竿でもいい!

これは結論なんですが、タフコンディションでは専用たる所以。専用ロッドがいい!
バイトはあるのに針掛りしないメバルのときは・・・
こんなメバルに対しては、食い込みのいいロッドが断然有利。

「ソリッドティップ」のロッド

バイトに対して素直にロッドティップが入れば、フックがメバルの口から出て行くことがなく、フッキングしやすい。
したがって、小型の数釣りには、小さなバイトでも弾く事なくよく曲がる「ソリッドティップ」のロッドが適している。
ただ、ソリッドティップは、バイトの力を吸収して食い込みを良くしているため、「チューブラーティップ」のロッドに比べて、少しバイトを感じにくい。
好みが分かれるところだが、近距離でもバイトを感じて掛ける釣りが好みなら「チューブラーティップ」のロッド。
また、フロートリグやPEラインの使用が前提であれば、「チューブラーティップ」のロッドがおすすめ。
遠くのバイトを捕らえ確実にフックアップできるからだ。

ロッドティップ

簡単にいえば、竿(ロッド)の”先っちょ”。
って難しくいっても先っちょですが・・・

ロッドティップに課せられたテーマは多い。
潮流の強弱を読み取りフィーディンググレーンを見つけ出す、引き感のほとんどない極小ルアーの泳層をキープする。メバルの繊細なあたりを弾かずのせる。トラブルなくルアーを投げる・・・
結構重要な要素がここに要求される

タフテックソリッド(TAFTEC SOLID)

食い込みのいい軟調子のティップ。やわらかい先端で、小さなバイト時のはねかえりを押さえている。
シマノは、従来の約2.5倍の巻き込み強度を実現したカーボンソリッドを開発。(TAFTEC SOLID)

チューブラーティップ

掛けて取る!ってアングラーにおすすめ!
竿の弾性が強いので、フッキングがしやすいティップ。

硬すぎるため、繊細なあたりにもシッカリとしたフッキング技術が求められる。

メバリングのロッド-シマノ-

シマノフィシングカタログから情報提供です。
こういった専用ロッドがでているということは、極めれば楽しさが増えるということでしょうか?

ソアレ オシア soare ocea

最新技術がもたらした未体験ゾーン
メバルロッドの命ともいえるティップに最新技術を集約。
24tタフテックソリッドで実現した0.8mm極細ティップが異次元を感じさせるSモデルと、
素直な曲がりで食い込み抜群、リグを問わず適応するパラレルチューブラー採用Tモデルをラインナップ。
最小限のブランクス塗装、厳選パーツで驚愕の軽さを実現。
オシアには、遊びに手を抜かないシマノの真骨頂があります。

詳しく解説・・・こちら

ソアレ ソルティーショット soare salty shot

クラスを超えるスーパークオリティ
オシアに負けず劣らずのハイスペック。
メバルゲームの懐の深さを体験できる、クラスを超えたクオリティが魅力です。
タフテックソリッドとパラレルチューブラー、最新技術を集約した2タイプのティップをラインナップ。
さらに、X構造の細身・軽量ブランクス採用で、S700ULSでは、90gの軽量化を実現。

詳しく解説・・・こちら

Advertisement

メバリングのリール

メバル専用のリールならここから

メバリングのライン

メバル専用のライン。その前にナイロン、フロロカーボンを見直す。

メバリングのルアー

やっぱりジグヘッド、カブラやメタルジグも効果あり