但馬・丹後の海釣りエリア

兵庫県有数の釣り場が豊富

北近畿の海は、「日本海」。日本海は、太平洋とことなり四季折々の姿を見せる。
日本海の代表的なイメージ。荒れ狂う冬の日本海。葛飾北斎の荒波。でしょうか。
じつは、この冬の荒波の影響で、日本海の海の幸は非常に豊富。

その日本海の豊富な魚種で釣りをしませんか?

春になると但馬地方でも釣りがおおいに楽しめます。
どこでつりをすればいいのか分からない方へその手助けとなれば思います。

各フィールドが豊富にある但馬・丹後の釣り場です。地元の漁業関係の方へ迷惑にならないよう釣り師は配慮お願いします。
兵庫県と鳥取県との県境の町 居組~香住~津居山~久美浜までを案内します。
実際に釣好師が通ったエリアを紹介します。なかには、何十回と通った場所と数回の場所がありますので情報濃淡があることをご了承願います。

但馬・丹後の防波堤

防波堤釣りは、気軽にできる釣りです。
サビキ釣り、ウキ釣り、投げ釣り、ぶっこみ釣り、穴釣り、フカセ釣り、カゴ釣り、エギングと釣り方も豊富。
魚もアジ、サヨリ、チヌ、グレ、キス、カレイ、ガシラ、アオリイカなどいっぱいです。

但馬・丹後の防波堤は神戸や大阪の防波堤とは違い、小さな防波堤が多いですが、ここに厳選されたエリアでは、「こんな大きなアジが釣れる!」とか 「アオリがいっぱい!」「でか!!」なんて出会いも期待できたり、数釣りができるような場所があります。

足場のいい防波堤ですので、ファミリーにもやさしい場所も選びたいですね。

但馬の磯

但馬には日本海有数の磯場が存在します。

ドンブカな磯、潮通し抜群の磯、荒磯、沖磯、避難港のような磯、対象となる魚種によって選べる磯が多いのも特徴です。
しかし、北より風ににはめっぽう弱いのが特徴!冬の季節風が吹き始めるとどこでも竿を出せると言うわけには行きません。

日本海の波は、太平洋と比べ小さいし、潮の干満もすくないです。今は大丈夫と思っていてもすぐに大荒れとなるのが日本海と思ってください。

日本海の磯で代表的な遠征磯と言えば「隠岐の島」ここの磯がすばらしいのは、豊富な魚影とキリたった磯。
足元からすぐがポイントで胴付き仕掛けで金メダイがつれるほど(このタナの深さとキリたった形状が想像できますか)

その隠岐とよく似た地形の磯があるのが、浜坂エリア

日本海の本流がぶち当たる竹野 猫崎エリア

青物や底物が豊富な柴山・佐津エリア

チヌの魚影が濃い津居山エリア

このあたりを紹介していきます。

但馬・丹後の砂浜

磯や防波堤だけが釣り場じゃない!砂浜から遠投した投げ釣りエリアも豊富な但馬・丹後

基本的には海水浴場=砂浜なのでそれだけ豊富な釣りば存在します。
また、日本海の波に乗るサーファーたちもいます。これも砂浜。
そんなエリアの釣りなので、漁業関係者は少ないかもしれませんが、海水浴客やサーファーとトラブルのないようにしましょう

浜坂~久美浜まで広いエリアがあります。キスやカレイがメインとなるこのエリア。紹介して行こうと思います。