真鯛(マダイ)釣りに魅せられて

存在感の大きいマダイの魅力は、味、姿、釣り応えだ!

釣魚としてすべての「味」を兼ね備えた究極のターゲット=真鯛

その証拠に全国各地でいろんな釣りかたが存在する。また、えびすさんが抱えている真鯛。横綱が優勝しても”マダイ”。祝いの魚の象徴といえばこの魚である。

めでたい(鯛)魚は美しい。

その姿は日本人の印象では、「お祝い」や「めでたい」ことのたとえとなっている。生活のなかでももてはやされているマダイであるが、最近は「養殖」された真鯛も市場に出ている。
養殖した鯛は、日焼けして姿が必ずしもいいわけではない。天然の真鯛は、あの”輝いた赤””キレイなアイシャドー””ピンとたった背びれ”この姿は天然でないと出来ない色あいなんでしょうか

釣り応え十分な海の女王!!

釣り人にとっても”真鯛”は、昔から親しまれていた。小さい鯛(チャリコ)から大型真鯛まで。沖合いの船、磯から、防波堤からと真鯛を狙えるフィールドは広い。 メータを超えることもある強烈なファイター マダイ。美しさは海の女王とも表現したくなります。釣りあげたときの感覚は釣り人にしか分からないですが、美しい魚体が見えたときは感動すら 覚えます。それまでの強烈な頭を振った締め込み。釣り応え十分な魚。これも魅力!

最後に”味”。蛋白な白身の魚ですが、食しかたもたくさんあります。「刺身」、「こぶしめ」、「塩焼き」、「煮付け」、「かぶと煮」など魚の骨の髄まで食べれることもマダイの魅力 ではないでしょうか?そんなマダイだけのサイトをここに作ってみました。

マダイってどんなさかな

マダイを釣る

マダイを料理する

この3本立でお送りする「真鯛の魅力に魅せられた釣り人のためサイト」を末永くよろしくお願いします。

四季の真鯛

釣っても楽しい。食べても美味しい。魚。真鯛。その上メーター級になる真鯛の魅力に魅せられて 釣りを続けるアングラーも多いではなでしょうか?
真鯛は、四季折々の姿を見せてくれます。

のっこみの春・・・上りダイ、サクラダイ、なんて呼ばれるこの時期。産卵のために沖の深場から浅瀬にくるこの時期は、じっくりとメーター級を狙える。

豪快夏磯の夜・・・日中暑くなる夏。この時期は、磯からの夜つりでケミホタルをつけて狙うのがいい。月灯りの注ぐ海でウキが沈むのを待つドキドキ感はたまらない。

エビで釣る入門の秋・・・食べ盛りの秋。水温が安定するこの時期は、真鯛も食べ盛り。入門者が鯛を釣るにいい時期ですね。

狙い定め新年の祝い鯛・・・新年の食卓に自分の釣った鯛をデン!とおきたい。この思いで一発釣り上げよう!

釣り方豊富な真鯛

全国各地でいろんな釣り方が存在する「真鯛釣り」。日本海でも沖合いの船釣り、磯からのカゴ釣り、フカセ釣り、防波堤からの投げ釣りと豊富。

おのおのの釣りスタイルがあるのでそれを理解して釣りができたら年中大型真鯛が狙えることになる。この魅力もあり追っかけまわすアングラーも多い。 ここでは、そんな釣り方豊富な真鯛釣りを紹介していきます。

あなたは、どのスタイルで真鯛を釣ってみますか?

船釣り・・・真鯛のパワーを思う存分に味わう船釣り。船頭の心強いナビゲートで真鯛との距離を縮めてくれる。春の上りダイ、夏の麦わらダイ、秋の落ちダイ、深場を 狙う越冬ダイ。オールシーズン船上から釣り師の声が聞かれる。

磯釣り・・・浅場に乗っこんでくる春から水温が低下して深場へ移動する初冬までがチャンス。カゴ釣りが主流で、超ド級が動き出す夕暮れどきから磯師 は太仕掛けで夜つりに挑む

投げ釣り・・・穂先が動くとキャスターたちの鼓動は高鳴る。防波堤(波止)は真鯛狙いには手軽なフィールドだ。砂底に岩礁が点在する真鯛が好む条件 があれば、ポイントめがけて回遊する真鯛を待つ。竿尻を浮かす大物は夜釣りか!

味なやつ真鯛料理

春ののっこみも脂の乗った秋も美味しい真鯛。いまは、年中上手い鯛が食べれますが、釣ったあとの鯛ほど上手いものはない。しかし、料理の仕方しだいではどうかな? 上手いものを上手く食す。これが、釣り師の定めかなって思ってます。

歯ごたえを好む「旨み造り」いや一日寝かした「甘みたっぷりの刺身」、魚本来の味を楽しむ「塩焼き」、濃厚な煮汁が絶妙な「かぶと煮」 どれもおいしいものです。ちょっとしたコツをつかめばだれでも簡単に調理できますよ。

刺身、造り・・・魚本来の味を味わう「刺身」生臭いのが苦手という方でも釣りたてのマダイなら大丈夫。霜造りが出来るとみんなに「おっやるな!」って思えわれ 食感のコントラストもつくし、見栄えも最高になります。船盛にするとお祝いって感じがしますね。

かぶと煮・・・刺身にした後に残る「アラ」これを煮るとまたこれが美味しいんです。ダシはさかなから豊富にでるし脂のノッテルシーズンは尚いい味わいになります。

塩焼き・・・ポピュラーな料理ですが、魚の味を際出させるにはこれが一番。少々小さめの鯛の方が美味しかったりします。三枚におろさないで骨の際 まで食べれます。焼加減がむずかしいとこですが、コツがあるのでこれをつかめば、コンロでもいい味だす。塩焼きができるんですね。オーブンのほうがふっくらしますけど・・・