船からの真鯛釣り

基本はマキエを上手にあわすこと

船釣りのイメージは、ゆったりと海の上にうかんでぷかぷか優雅に釣るイメージがあるのは私だけでしょうか? 基本的な船釣りは、アンカーを打って固定して釣る”かかり釣り”なので、ポイントのよしあしは、船を固定するところから始まっている。 いわば、船長の腕がここにかかっている。乗り合い船などはプロの船長でポイントも潮も全部把握して固定してくれる。しかし、自分の船で釣る場合にはそれを把握しなければならない。 優雅というには程遠い世界なのかもしれない。

一方、船を固定しない"流し釣り”は、ポイントの潮上から流しながら釣るスタイル。これは、どこであたったのかよく分からないが高確率でポイントに仕掛けを入れることができる。 いわば、数うち当たればいい釣りになる。

どちらの釣りも、今の主流は、「マキエ」が必須。マキエをどれだけ入れれるかで釣果が分かれるといっても間違いではない。

マキエとサシエの同調これがキーワードとなる。上手い下手はこの同調ができるか出来ないか?これだけです。 これができれば、大物真鯛もすぐそこで食わすことができるね。

流し釣りからの釣り方

タナ取りが大事!これで入食い必死!

真鯛の船釣りは、”かかり釣り”と”流し釣り”の2通り。かかり釣りは、アンカーを打って船を固定して釣る方法。流し釣りは船を潮に流しながら釣る方法。

流し釣りの場合、かかり釣りと違って的確にタナを取る必要がある。船頭がポイントとなる漁礁や根を通るように流してくれるが、水深は一定ではなく真鯛がついている根は起伏が 激しく、そのままのタナでは放って置いても釣れない!

水深が浅くなった場合には、オモリや仕掛けが根がかりするし、水深がうんと深くなった場合には、全く真鯛のいるタナから外れ全然アタリがないとうことになる。 そのため、仕掛けをいれたらきっちりとオモリが海底に着いたことを確認しなければならない。海底にオモリが着けば一定の速度落ちていた仕掛けの動きが止まるので大抵はわかるが、あまり にも潮が速い場合は、不慣れな海底も分からずどんどん糸を送ってもいつまでたっても海底がない・・・そして根がかり・・・よくあることです。 オモリの着底後、船頭さんの指示によるタナまで仕掛けを上げる。竿を手持ちにし、船が流れてオモリが底にあたったら仕掛けを持ち上げ、しばらく底の感触がないようなら、仕掛けを送り込んで 再び底をとる。この動作を繰り返す。

カケアガリがきつく、潮が速い場合は、いったん底をとったら、船を一流しする間は常に一定の速度どんどん仕掛けを引き上げてやることも必要。 ポイントの上を通過してしまったら、船頭さんから「上げてください」という合図がある。すばやく仕掛けを回収しよう。船頭さんは再び船を潮上まで回し、「さあどうぞ」「入れてください」 の合図でやり直し。一日この作業の繰り返しが流し釣りだ。

乗合船などで多人数で釣る場合は、同船者使用する道糸の太さやオモリの重さを統一すること。ばらばらのままだと仕掛けの流れ方がまちまちになり自分が釣れないばかりか人の仕掛けに 絡まり迷惑をかけることになる。船によっては、「船頭仕掛け」があり統一するようなシステムもあります。