磯からの真鯛釣りは、「カゴ釣り」と「フカセ釣り」

王道と意外なポイントがある真鯛釣り!地形を把握せよ!

真鯛を狙う場合、とにもかくにも潮通しの良い磯が一番である。とりあえず磯に上がったら、まず潮の流れを確認しよう! 真鯛のポイントになるのは、「潮が押し寄せてくる側」より「仕掛けを遠くに流れ去っていく側」を選ぶ。
速い流れがある場合は一目瞭然だが、流れが緩く潮流の流れが分かりにくければ、マキエをシャクで撒いてみてその流れ方で潮を読む。

海底の地形を把握することは不可能であるが、潮の流れと自分の立っている磯の周りのシモリからおおよその海底の状態を把握する。 防波堤のように重りを沈めて把握することもできないので、沖合いのポイントは船頭さんに聞くのが確実ではないだろうか?

もっとも高確率な釣り方が「カゴ釣り」
マダイを磯から狙う場合、もっとも高確率で一般的な釣り方が「カゴ釣り」だ。磯釣りのなかでも真鯛は比較的深いタナで釣れることが多いので、 深いタナまで早く沈め、深いタナでマキエを効かせることができる"カゴ釣り”が有利なのである。

自然な同調でハラハラドキドキのフカセ釣り
「フカセ釣り」も潮を読むのは同様である。しかし、深ダナを一気に攻めることのできないフカセ釣りは、エサ取りを上手くかわしながら鯛のタナまでサシエを届けるつり方。

マキエと同調しながら流れのなかを釣る”フカセ釣り”は、自然な形で海底に沈んでいくことで違和感なく、魚が捕食する。アタリが一気にでるので堪らない。 カゴ釣りのウキが消しこむのと同じくらい。竿をひったくられるアタリは気分爽快である。大物とのやり取りも磯際に来るまでわからないハラハラドキドキがある釣りである。

「カゴ釣り」がズボラな釣りとは言わないが、「フカセ釣り」は繊細でかつゲーム性が非常に強い釣り。ポイントを絞ってマキエを集中させ、サシエを送りこむ。 この一連の動作がスムーズに行われるといっぱしの磯師である。

磯から高確率の真鯛釣り「カゴ釣り」

潮通しのよさ優先!合流、ヨレ、砂混じりの岩礁

マダイを磯から狙う場合、もっとも高確率で一般的な釣り方が”カゴ釣り”だ。磯釣りのなかでも真鯛は比較的深いタナで釣れることが多いので、深いタナまで早く沈め、深いタナで マキエを効かせることができる"カゴ釣り”が有利なのである。

マダイはもともと岩礁を好む魚だが、砂底にはマダイのエサとなるエビや甲殻類が多いので身を隠せる岩礁とエサ場である砂場が混じっている場所には真鯛がいて当然だ。 カゴ釣りの仕掛けを投入する場所は、潮の速さ、仕掛けが馴染む時間を計算して、ポイントとなる潮上に入れる。仕掛けを投入、ウキが立つのがポイントの少し手前が理想的。 このときに竿を大きくあおってマキエを出す。ポイントがはるか遠方の場合は可能な限り遠投も必要。遠方のポイントを釣るのに足元から流すのでは時間が掛かるばかり。

続きを読む・・・

繊細かつ大胆な「フカセ釣り」

自然なマキエとサシエの同調

ポイントを探りながらどんどん流しながらのフカセ釣り。一気に仕掛けをタナに落とさずに巻きえサシエの同調を考えながら、流れの中を釣るのでいきなり竿をひったくるようなアタリ がでるのでたまらない。しかし、うわ潮だけで道糸がガンガンでていては、いつまで経っても釣れない!そこで、本流を潮の流れにあわせて釣ると意外な大物に出くわすこともあります。

カゴ釣りでは攻めることのできない、磯近くのさらしから少し離れたシモリ。特に周りが砂地になっているような場所は意外な場所で意外な大物にで食わすこともあるので、フカセ釣りの 醍醐味ではないだろうか?

続きを読む・・・