意外性のある「フカセ釣り」

足元ドンブカ、マキエの筋の外もポイント

高確率に真鯛を釣り上げるという意味では「カゴ釣り」にはかなわないがカゴ釣りにくらべタックルや仕掛けがひとまわりふたまわり小さく、軽い、繊細なので引き味、釣り味 真鯛との駆け引きを楽しむなら断然フカセ釣りだろう

ただし、フカセ釣りといってもチヌやグレを狙うオモリまったくなしや非常に軽い錘使ったフカセ釣りではなく、常時深いタナを狙うので仕掛けのなじみの早さを考えて中通しオモリ などの1~3号のフカセ釣りにしては重めのオモリを使う釣り。

ウキからオモリまでが大きめのオモリで、まっすぐ海中に落ちていても、ハリスの長さを竿1本(2.5~3ヒロ)と長くとるのでオモリから下は長いハリスがフワフワといわゆる フカセ状態になるので、フカセ釣りの範疇ということになる。

狙うポイントはカゴ釣り同様、「潮通しのいい磯の潮筋」が基本になるがグレ釣りではあまり狙わないような船付や足元ドンブカの場所を狙う。水深のある足元にマキエで寄せてくる寸法だ 仕掛けにカゴをつけずマキエは足元の海面に上撒きというのがカゴ釣りと大きく違う点。

実際の釣りとしては、仕掛けを足元に投入しそこから潮に乗せて沖の潮目や潮がカーブする地点、シモリの手前まで流していく。シモリ周辺が砂地であればカゴ釣りと同様に理想的。 マキエは足元からいれて潮下に向かって流れるようにする。沖にいる真鯛を除々に足元まで誘きよせ、出来るだけ近い場所で釣れるようにした方が仕掛けを遠くまで流さなくて理想的となる。

また、覚えておきたいのは大型の真鯛ほど、マキエの流れる筋から少し離れたところにいることが多い。大型ほど警戒心が強く、マキエを食べる中小型を遠巻きにして、エサを食べようか 食べまいか考えている・・・とよくいわれる。釣れる魚が中小型ばかりの場合、仕掛けを潮筋から若干離れたところに投入してウキを止めて待ったり、全くマキエとは無縁のところにも仕掛け を入れてみよう。

大型の真鯛が掛かるかもしれません。

フカセ釣りのポイント

大型真鯛はポイントから離す

船着き

渡船が着く場所は、その磯でもっとも水深のある場所で真鯛狙いには最適。同じ意味で足元から水深がある底物ポイントも真鯛狙いでは絶好。

潮目

潮と潮がぶつかるところや潮とサラシが合流するところにはヨレや潮目など潮に変化が生まれるところで、マキエが集まりやすく真鯛のアタリも多い

潮のカーブ

真っ直ぐ流れていた潮がカーブする場所は海底に何らかの変化があると見て、かならず仕掛けを入れてチェックしておきたい

カゴ釣り同様、沖の根の周りは第一に狙いたい。ただし根といってもグレ釣りなどに比べて、ある程度水深のあることが条件。磯の上から確認できない場所も多いからポイント図 をみたり、船頭さんに聞いて根の位置を確認しよう

海溝

周囲の海底よりも水深のある海溝にも深めのウキ下にして仕掛けをいれてマダイの回遊を待とう

マキエと無関係な場所

フカセ釣りのセオリーから外れるが、大型マダイはマキエの筋から外れた場所でエサを待っている。マキエと無関係な場所に仕掛けを入れてみるのもおもしろいかも