船からの真鯛釣り

基本はマキエを上手にあわすこと

船釣りのイメージは、ゆったりと海の上にうかんでぷかぷか優雅に釣るイメージがあるのは私だけでしょうか? 基本的な船釣りは、アンカーを打って固定して釣る”かかり釣り”なので、ポイントのよしあしは、船を固定するところから始まっている。 いわば、船長の腕がここにかかっている。乗り合い船などはプロの船長でポイントも潮も全部把握して固定してくれる。しかし、自分の船で釣る場合にはそれを把握しなければならない。 優雅というには程遠い世界なのかもしれない。

一方、船を固定しない"流し釣り”は、ポイントの潮上から流しながら釣るスタイル。これは、どこであたったのかよく分からないが高確率でポイントに仕掛けを入れることができる。 いわば、数うち当たればいい釣りになる。

どちらの釣りも、今の主流は、「マキエ」が必須。マキエをどれだけ入れれるかで釣果が分かれるといっても間違いではない。

マキエとサシエの同調これがキーワードとなる。上手い下手はこの同調ができるか出来ないか?これだけです。 これができれば、大物真鯛もすぐそこで食わすことができるね。

かかり釣りからの釣り方

真鯛の船釣りは、”かかり釣り”と”流し釣り”の2通り。かかり釣りは、アンカーを打って船を固定して釣る方法。流し釣りは船を潮に流しながら釣る方法。

近年、特に盛んなのは、かかり釣り。その多くはマキエカゴを使ったもので、真鯛釣りの方法としては新しい方法。 船首からアンカーを入れるので船尾が潮下を向く。しかがって釣りができるのは船の大きさにもようるが多くて3,4人と胴の間の両側から一人づつ。

”ウキ釣り”と”ズボ釣り”

つり方としては、潮下にある”根”や”魚礁”に向かってウキ釣り仕掛けで流す方法と船の直下に仕掛けを入れていく方法。ともに天秤、マキエカゴを付け、その先に非常に長いハリスをとることが多い。

ウキ釣りでポイントが近い場合、仕掛け投入の時には、ウキ止めがウキの頭にくるまでウキをてから離さず、直下 で仕掛けを馴染ませること。そうしないと仕掛けが馴染んだころにはポイントを通りすぎてしまうことがあるからだ。 ポイントが遠い場合は、この限りにあらず。ウキもすぐ投入して仕掛けを馴染ませながら流してもよい。

潮が速すぎてウキが思うように流せなかったり、潮が全く動かないような場合は、同じ仕掛けのウキをはずして船直下を釣る。”ズボ釣り”などといわれているつり方。

ともにポイントの手前で竿を大きくしゃくって、カゴのマキエを出してやることだ。ただし、一度に出し切らず、いくらかはかごの中にマキエを残しておく感じで時間をおいて何回かにわけて でしてやる。その動作でサシエに動きを与え、誘いにもなる。

完全フカセ釣り

かかり釣りには違ったタイプの釣りもある。ごく小さなおもりを使ったり、おもりなしの”完全フカセ”で潮筋に仕掛けを流し込んで釣る方法だ。

針にエサをさして投入したら20から30メートル一気に糸をだしておき、その糸が竿先まで張るのを待ち、その後は流れにしたがって糸を送りだしていく。船尾からマキエをする場合は、マキエ とおなじようにサシエを流せるかが腕の見せ所。慣れが必要な釣りだ。