煮付けで食す

濃厚な味で楽しむ煮付け

造りも塩焼きもあっさり系の料理法だが、真鯛という魚は濃厚な味も合う。”焼いてよし煮て良し”ということばは、真鯛のためにあるような言葉だ。

煮る料理法なら頭を使った「カブト煮」中落ちなども一緒に煮付ける「あら炊き」もおすすめ。
少し辛めに煮付けると酒の肴としていい。お酒を飲めないひとでも甘辛く煮付けるとご飯にもよくあう 料理です。

濃厚な味付けでカブト煮&アラ炊き

カブト煮もアラ炊きも甘辛く濃厚に味付けしたい。醤油とみりん、酒をベースにして煮汁をつくり、いちょう切りしたごぼうをそえて、煮汁をかけながら表面に照りがでるくらい まで煮込む

煮汁が味の決め手となるので、辛いのが好みの人は醤油を多めに、甘めが好きならみりんの量を増やす。醤油が煮詰まって香ばしい香りが漂い、煮汁が少なくなってきたら完成。

カブト煮の場合、まず食べたくなるのが「ほほ肉」。ここは、どの魚でもそうだが一番使う筋肉なので旨い。次に人気の「かま」の部分。肉が多く非常に食べやすい。

カマを食べるとき、挑戦して欲しいのが、「タイのなかのタイ」これをきれいに取り出してみてください。雑学王にもなったかのように自慢してみてはどうですか?

カブト&アラの取りかた

煮込み方は、多分多くの主婦は知っている。でも、一尾のタイを釣ってきて、カブトやアラをキレイに分けることはなかなかないと思います。

確かに、身の方が旨い。でも、せかっく釣ってきた魚。骨の髄まで食したい。旨く食べるなら「アラダキ」が一番です。 頭をそのままボーンと煮込めばいい!はずはなく、上手にさばけば食べるときも非常に食べやすいんです。

以下に紹介します。味付けは一般的な分量を掲載しておきます。(大体このぐらいってのは舌で覚えるしかないです)

頭のさばき方