たくさんの真鯛釣り

地方ごとによるつり方。フィールドが異なれば変わる。

日本で愛される”真鯛”。釣って楽しい、姿も美しい、食べて最高の魚。まさに”キングオブ海水魚”ではないでしょうか? 鯛という感じは、魚(さかなへん)に周(まわる)とかいて鯛ですが、周という字には(あまねくゆきわたること)を意味するのだそうで、全国 各地どこの海でも狙える魚です。だからといってだれにでも「ゆきわたる」わけではない、ほどほど釣れるから一尾がうれしくなる。大きいな真鯛を釣ればそれがネタ になる。

この真鯛。いろんな釣りかたがあるんですね。地方には地方にあった釣り方があるのも事実であるし、フィールドが異なっても釣りかたが豊富。 それだけ、日本各地で釣れる魚であり、皆に愛されている魚でもあるんですね。

船釣りで釣る

基本はマキエを上手にあわすこと

船釣りのイメージは、ゆったりと海の上にうかんでぷかぷか優雅に釣るイメージがあるのは私だけでしょうか? 基本的な船釣りは、アンカーを打って固定して釣る”かかり釣り”なので、ポイントのよしあしは、船を固定するところから始まっている。 いわば、船長の腕がここにかかっている。乗り合い船などはプロの船長でポイントも潮も全部把握して固定してくれる。しかし、自分の船で釣る場合にはそれを把握しなければならない。 優雅というには程遠い世界なのかもしれない。

続きを読む・・・

磯から釣る

王道と意外なポイントがある真鯛釣り!地形を把握せよ!

真鯛を狙う場合、とにもかくにも潮通しの良い磯が一番である。とりあえず磯に上がったら、まず潮の流れを確認しよう! 真鯛のポイントになるのは、「潮が押し寄せてくる側」より「仕掛けを遠くに流れ去っていく側」を選ぶ。
速い流れがある場合は一目瞭然だが、流れが緩く潮流の流れが分かりにくければ、マキエをシャクで撒いてみてその流れ方で潮を読む。

海底の地形を把握することは不可能であるが、潮の流れと自分の立っている磯の周りのシモリからおおよその海底の状態を把握する。 防波堤のように重りを沈めて把握することもできないので、沖合いのポイントは船頭さんに聞くのが確実ではないだろうか?

続きを読む・・・

投げ釣りで釣る

手軽なフィールドから鯛を釣る

穂先が動くとキャスターたちの鼓動は高鳴る。防波堤(波止)は真鯛狙いには手軽なフィールドだ。砂底に岩礁が点在する真鯛が好む条件 があれば、ポイントめがけて回遊する真鯛を待つ。竿尻を浮かす大物は夜釣りか!

続きを読む・・・