釣りをする上のマナーとルール

基本をシッカリおさえる。常識です
takle

釣りを楽しむには、最低限のルールとマナーがあります。

  • 1.工事や漁業の方の邪魔にならないようにしましょう。
  •  
        
    • 護岸工事や漁師の方が、港や防波堤にいる場合があります。
    •   
    • お仕事をされている方の邪魔にならないようにしましょう。
    •   
    • また、車なども決められた場所に駐車しましょう。
    •  
  • 2.先に釣りをされている人の隣で釣るときは、一言かけましょう。
  •  
        
    • 隣で釣りをする場合、オマツリや仕掛けがクロスする可能性があります。
    •   
    • 小さいお子様がおられる場合にはうまく釣りができません。
    •   
    • トラブルが起きたときにも、あいさつをしていれば 一言あやまれば許してくれるでしょう。
    •  
  • 3.釣り場ではふざけなように!
  •  
        
    • あまり大きな声をだしたり、ふざけていると事故の原因になります。
    •  
  • 4.小さい魚、食べない魚はやさしく海にリリースしましょう!
  •  
        
    • 魚は大事な生き物です。
    •   
    • 食べれない魚をやさしく海に返してあげましょう。
    •   
    • 持って帰る魚はおいしくいただきましょう!
    •  
  • 5.釣りが終わったあとは、きれいにカタズケましょう!
  •  
        
    • ごみは必ず持ち帰りましょう。
    •   
    • 釣り場をきれいに!
    •   
    • タバコのポイ捨て厳禁!
    •  

管理釣り場や釣堀などでは、管理人の方や清掃してくれるか方がおられますが、普段、家族でいく港や防波堤、浜辺は皆さんのものです。
釣り人同士気持ちよくつりをするために上記のルールは守りたいものです。

魚もきれいな場所に集まってくると思います。

楽しく快適な釣りを楽しみましょう!

「好きこそものの上手なれ!」

好きになるがいい。それで一流をめざせ!

三流といわれても、好きになりいろんな経験を活かせば、一流に近くなる。
一流をめざすなら、好きなこと熱心に続けること。
この結果が「超一流」に育ててくれる!

一人前のことツラツラと書いてますが、それぞれの釣り種ごとに必要な知識はある。
近道はありません。地味にコツコツやることが一番です。

どうせやるなら楽しくやろうじゃありませんか?仲間がいれば最高に飛躍します。

道具選びも仲間や師匠と上手くやること。これが一番の秘訣です