防波堤の釣り

いろんな釣りができる防波堤釣り。
防波堤

漁港で行う「釣り」は、一般的に「防波堤釣り」「波止釣り」などと言われます。

釣りの方法(仕掛け)は、非常にたくさんの方法があります。
それは、目的とする魚をより簡単に多く釣り上げるために考えられたものです。
これから、釣りを始めようとする人、もっと大きな魚を釣りたい人、数多く釣りたい人 是非このサイトを読んでみてください。

それぞれに必要な道具の選び方をサイトにしていきますのでゆっくりお付き合いください。

【釣好師おすすめ防波堤釣り】

基本的な防波堤釣りについて解説しますが・・・磯釣りや釣堀でも使える道具もたくさんあります。他の釣りにも応用できるものはたくさんありますが、できるだけ 掲載したいと考えています。被っているものなどたくさんあると思いますが・・・かんべんしてくださいね。

ウキ釣りの道具選び

竿

防波堤でのウキ釣りでは、いろんな道具が必要です。竿やリールはもちろん、掛かった魚をすくうタモ(柄、枠、網の3点)もいります。

コマセ(撒き餌)を使って魚を寄せるのであればそれを入れる専用のバッカンやシャク、バケツなどが必要になります。コマセを混ぜるコマセカッターやマゼラーが いることあります。またまた、ウキ釣りとひとことでいっても、ウキもたくさんの種類があります。1種類で足りることもありますが・・・・一番釣りたい魚にマッチしたウキってのも あります。

どんな魚をウキで釣りたいのか?これを明確にして自分にあった道具を選択しよう

投げ釣りの道具選び

朝日の砂浜

基本的に投げ釣りは道具が多くない。竿とリールがあれば、あとは重りと仕掛けさえあればできる。

そのほかの特にそれえておきたいのは、クーラーボックス、餌箱、水汲みバケツなど。本格的に投げ釣りを始めたいって人の場合は、竿受けスタンドやフィンガープロテクター、リールも 投げ釣り専用リールなんてのも必要になってきますね。揃える必要があまりなく、多くの魚種を狙えるということで人気の投げ釣りです。しかし、始めるとその魅力にまけて多くの仕掛けを 海に出すことで効果を狙うようになります。竿やリールもそれなりに必要になりますので、いいものを長く使うという意味ではシッカリ選んでほしいと思います。

防波堤での投げ釣りができるのであれば、砂浜や磯でも投げ釣りはできます。あとは、自分の装備であったり、仕掛けに少しづつ工夫が必要になるだけです。大物をもとめいろんなフィールド に出やすいってのも投げ釣りの魅力の一つですね

ルアーフィシングの道具選び

ルアー

近年人気のルアーフィッシング。餌釣りと違って大掛かりな道具はいりません。竿(ロッド)とリールにラインをまいて、好きなルアーを投げればいい

お気軽なフィシングなので、餌釣りしながらチョコと始める手軽さもありますね。さらにいうと対象魚が豊富になってきたので道具もバリエーションのとんでいます
何をドンだけ揃えればいいのか分からなくなります。

今回は、混乱を招かないようにメジャーな防波堤でのルアーフィシングということでエギングに注目した道具の揃え方を進めていきます