ウキ釣りで爆釣する仕掛け

どこでどんな魚を釣りのか?重要なウキ選択のポイント
棒ウキ

防波堤でのウキ釣りでは、いろんな道具が必要です。竿やリールはもちろん、掛かった魚をすくうタモ(柄、枠、網の3点)もいります。

コマセ(撒き餌)を使って魚を寄せるのであればそれを入れる専用のバッカンやシャク、バケツなどが必要になります。コマセを混ぜるコマセカッターやマゼラーが いることあります。またまた、ウキ釣りとひとことでいっても、ウキもたくさんの種類があります。1種類で足りることもありますが・・・・一番釣りたい魚にマッチしたウキってのも あります。

ウキ釣りは、シンプル且つ釣りの醍醐味が分かりやすい釣りです。

しかし、ウキの役割を果たすまでに魚の口に餌を運ぶことが出来なければ、そのウキは使えないということになります。
幸い、釣り業界にはいろんなウキが商品として売られています。

「どのウキがいいのか?」

こんな質問もありますが・・・答えはない!なぜなら釣り方や状況。あなたの技量に大きく左右されるからです。
値段の高いウキがいいウキだと思って買うよりも、そのウキの特性を十分理解して購入することをオススメします。

棒ウキの特徴

最大の特徴は、細かいあたりを獲りやすい!初心者の方に必見です。

棒うき

仕掛けに魚が来ていることが一目瞭然です。しかも、流れている仕掛けがどちらの方向に流れているのか?
餌が残っているのか?絡んでいないのか?など情報を多く持っているウキでもあります。しかし、弱点もあります。

風に弱い。上潮が流れているときは底の潮を捉えにくい。決まったタナの釣りになる。

以上のことから、棒ウキを使った釣りの場合は、

  • チヌ釣りのように底をシッカリとる場合
  • 浅いタナで手返しを早くする場合
  • ものすごくポイントが遠い場合
  • べた凪の港内での釣り

こんな場合ではないでしょうか?

【釣好師のオススメタックル】

釣好師の愛用しているウキ・・・・「遠矢ウキ」

こちらをオススメします。このウキは、一般的に売られている棒ウキの弱点を克服しているウキです。
値段は少し張りますが、チヌ釣りを大きく変えてくれるウキになると思います。
底潮をシッカリとるし、仕掛けが十分に張っている感じが良く分かります。
さらに、苦手とする「グレ釣り」も十分に楽しめるラインナップもあります
これから棒ウキを使って釣りを始める方にはオススメのウキですね

円錐ウキの特徴

変幻自在、特徴を生かしたフカセ釣りができる

円錐うき 円錐うき

円錐ウキは、アタリが出ていることが分かりにくいウキでもあります。しかし、その特徴から仕掛けが馴染みやすいくタナを自在に変えて いくことができます。グレを釣るときのように多くのタナを探りたいようなときにはこのウキは最高に使いやすい。

グレ釣りをする人はこのウキは多用されているとおもいますが・・・その特徴あるウキの数には驚きます。
大小や形、材質までとことんこだわったウキが多いと思います。その特徴をどれだけ把握して釣りができるか?使ってからしか分からないんですね。
自分で作る!ってのいいかもしれませんね。

【釣好師のオススメタックル】